「遺品を無断で持ち出したなんて、ありえません」

 怒りを露にするのは、昨年8月に急逝した俳優の千葉真一(本名・前田禎穂)さんのマネージャー・A氏と、千葉さんが設立したジャパンアクションクラブ(以下JAC)の代表・西田真吾氏。

「千葉さんの死後、親族間のトラブルが幾度となく報じられてきましたが、講談社『FRIDAY』が2月11日号から3週にわたって驚きの記事を掲載。所属事務所の代表を名乗る鈴木哲也氏が、千葉さんのマネージャーをA氏、西田さんをB氏、千葉さんを金銭的に支援していた方をC氏として、3名が“黒幕”だと告発。千葉さんの実姉・昌子さんも、彼らが“弟の死をいいように利用した”と主張しました」(スポーツ紙記者)

千葉真一さん

 千葉さんの周囲については、四十九日の法要が2回行われたことや、『お別れの会』と『偲ぶ会』が同日の開催という形で発表されたことなど、ことあるごとに“分裂状態”が取り上げられてきた。

 これは、千葉さんと野際陽子さんとの間の長女・真瀬樹里とその支援者である鈴木氏側、そして千葉さんと一般女性Tさんとの間の長男・新田真剣佑&次男・眞栄田郷敦と、その支援者であるA氏・西田氏・C氏側という様相だが、記事によると、後者の3名が一家断絶の黒幕だという。

千葉真一さん亡き後の“分裂トラブル”相関図

 真相を探るべくA氏と西田氏に接触を図ったところ、冒頭にある怒りの反論を寄せた。

 鈴木氏の主張は千葉さんの命日、8月19日まで遡る。真瀬は、西田氏から千葉さんの容体について《今日は大丈夫だと思う》というニュアンスの報告を受けたというのが、鈴木氏の言い分だが……。

19日の昼、私は樹里さんに《具合がよろしく無い報告を受けました》とメッセージを送っています。その後通話し、医師から聞いたとおり“夜が山場だ”と伝えました。彼女からは《稽古には出ないとな感じなので、終わってすぐ向かいます》との返信が。しかし稽古の間、夕方ごろに千葉さんは息を引き取りました。鈴木氏が樹里さんにしっかりその事実を確認していれば“今日は大丈夫だと思う”と私が伝えたなんて話にはなっていないはず」(西田氏)

 真瀬が病院に到着したのは夜のこと。昌子さんも駆けつけたが、ここでも記事とは異なる事実が。