自身がプロデュースする焼き肉店「牛宮城」のオープンを3月1日に控える元雨上がり決死隊・宮迫博之。宮迫は昨年7月、人気YouTuber・ヒカルと共同出資で「牛宮城」プロジェクトをスタート。

 当初は10月にオープン予定だったが、9月に宮迫側が行った試食会で、肉の品質に問題が発覚。ヒカルから「(メニューの中で)美味しい物の方が少ない」「全部ヤバい」「聞いてた話と全然違う」と酷評され、開店は無期限延期、プロジェクトは暗礁に乗り上げたのだ。

「前向きなお休みです!」

「11月にはヒカルが牛宮城から撤退を発表し、宮迫は新たに、飲食店を展開するガネーシャの本田大輝社長や、コンサルタント・本間儀彦氏に協力を仰いで、3月1日の開店を目指すことになりました。

 しかし、その後もトラブルは続き、牛宮城の内装修繕のために、宮迫が趣味で集めた高級腕時計を売却すると宣言したかと思えば、『牛宮城騒動の黒幕』としてノーブルプロモーション代表・若林和人氏が登場し、実際には資金難ではないことを告白。すると今度はヒカルが、撤退のきっかけは、肉の品質管理を行っていた若林氏を信用できなくなったことだと暴露するなど、プロジェクトは混迷を極めていったのです」(芸能ライター)

 そして宮迫は、開店まで1か月ほど前となった1月21日、Twitterに「本日より暫くの間、動画の配信をお休みせていただきます」と投稿。「チャンネルをより皆さんに楽しんでもらう為に立て直しをする、前向きなお休みです!」とのことだったが、同29日に、突如「宮迫とすするくんの二人から皆さまに嬉しいお知らせがあります」という動画を公開した。