コラボ相手によって扱いに“差”が

「もともとSUSURUは、今回の企画に審査員としてのみ参加する予定だったそうですが、『有頂天レストラン』を盛り上げたいという思いから、宮迫とともに告知動画を撮影したといいます。今回、SUSURUは謝罪しましたが、元はと言えば発案者は宮迫だけに、彼から何かフォローがあってもいいかと思うのですが、今のところだんまりを決め込んでいます」(前出・芸能ライター)

 宮迫とのコラボ相手が炎上してしまうことはこれが初めてではない。昨年9月に宮迫と、なかやまきんに君が双方のYouTubeチャンネルでコラボしたところ、宮迫のアンチが巻き起こしたのか、非のないはずの“きんに君側の動画”に低評価が殺到したことがあった。

宮迫博之とコラボする、なかやまきんに君(きんに君のYouTubeチャンネルより)
【写真多数】ヒカルから焼肉店に関して強烈なダメ出しを受ける宮迫博之、YouTubeで炎上した発言ほか

「宮迫はすぐさま『クラウドワークスさんの件と、なかやまきんに君の動画の件につきまして』という動画をアップして“(きんに君って)平和の象徴みたいな男じゃないですか。そっちの(動画の)方にBad(評価)を付けたら、宮迫がショックを受けるんじゃないかということなんでしょうね”“もうそういうのやめましょうよ。誰も得しないと思うんです”などと語りました。

 さらに、“きんに君には電話でしゃべって『全然大丈夫ですよ』って(言ってくれたんですけど)”“それでもやっぱり申し訳ないな、僕のせいでと思ってしまうんです”と心境を吐露しながら、アンチに警告したのです。

 元事務所の後輩であるきんに君にはこうした配慮があったにもかかわらず、“SUSURUにはフォローなし”というのは、コラボ相手によって扱いに差があると見られてしまいます。コンビを解散した宮迫は、今後もYouTubeを主戦場とする覚悟を決めているはずですが、であれば、もう少しYouTube上での自身の見え方を意識したほうがいいのかもしれません」(同・前)

 現在、牛宮城オープンに向けて奮闘中とみられる宮迫だが、休止中というタイミングで強行して炎上した「ラーメンコロシアム」の後始末は、どうするつもりなのだろうか。