「帰ってきたら娘の意識がない。血みたいな黒いものを吐いている」

 昨年6月9日の午後2時過ぎ、女性から119番通報が入った。

 和歌山県和歌山市のアパートで倒れていたのは、鶴崎心桜(こころ)さん(享年16)。病院に搬送されたが、全身打撲による外傷性ショックで死亡。明らかな虐待死で、通報は心桜さんの母親によるものだった。

 救急車に同乗した継父は病院へ付き添ったものの、その後は行方不明。和歌山港近くで発見されたが、意識は朦朧とした状態だったという。継父は警察の取り調べに、

「カフェインを飲んで死のうとしたが、死にきれなかった。大変なことをしてしまった」

 などと、心桜さんの死との関わりを認めるような供述をしていた。

眞須美死刑囚の長女が飛び降り心中

 一方、心桜さんの母親は到着した救急車には同乗せず、4歳になる次女とともに姿を消していた。のちに二人は車で大阪府泉佐野市の関西国際空港連絡橋(関空連絡橋)へと向かっていたことが判明する。そこで飛び降り心中を図ったとみられ、夕方にはともに遺体となって関西空港近くの海に浮かんでいた。母親は全身打撲による多発外傷、次女は水死だった。

 この亡くなった母親、実は'98年に起きた『和歌山毒物カレー事件』で逮捕された林眞須美死刑囚(60)の長女A(享年37)だった。つまり、虐待死した心桜さんは眞須美死刑囚の初孫であり、その名は眞須美死刑囚が刑務所で命名したものだった。