悠仁さまの“サクラサク”便りは、NYにいる義兄の追い風となるだろうか─。

 2月22日と23日、小室圭さんは2度目となるNY州の司法試験を受ける。

「各日6時間にわたって行われます。1日目の論文問題と2日目の知識問題が50%ずつ配点されて、合格するには400点中266点が必要。オンラインで実施された前回とは違い、今回は試験会場に多くの受験生が集います、平常心を保てるかどうかが命運をにぎるでしょう」(法曹関係者)

試験不合格なら「雇用」「ビザ」問題が勃発

 小室さんが1度目の司法試験に挑んだのは昨年7月末。程なくして、NYの法律事務所に法務助手として勤務していることが明らかになった。

「生活基盤が整ったことで、とんとん拍子に縁談がまとまり、10月末に眞子さんと結婚しました」(皇室担当記者)

 都心の高級サービスアパートメントを仮住まいとし、渡米の準備を進めていた幸せ絶頂のタイミングで、まさかの不合格が判明。

「青天の霹靂でした。弁護士になれば1年目から年収2000万円超と言われていましたが、法務助手の推定年収は約600万円。物価の高いNYで2人が生活していけるのかと懸念する声も相次ぎました」(同・前)

 ともあれ、小室さん夫妻は渡米し、マンハッタンにある24階建てのマンションで新生活をスタートさせた。

「NYでの再起を誓った小室さんは、法務助手の仕事をこなしながら、受験勉強に取り組んできたといいます」(皇室ジャーナリスト、以下同)

 今回こそは、是が非でも合格する必要がある。

「再び不合格となれば、雇用やビザの問題が生じます。勤務先は、司法試験に合格する前提で彼を受け入れたはずですから“弁護士になれないなら必要ない”と解雇されるという見方が強いです」