2月10日20時41分、重苦しい空気が流れました。BSフジの政治番組『プライムニュース』のリモート出演中、小池百合子東京都知事がひどく咳込んだのです。待てど止まらず、同じ番組に出ていた自民党新型コロナウイルス感染症対策本部本部長代理の武見敬三参議院議員も悄然とした面持ちでした。CMが入ったものの、再開後も断続的に咳やしゃがれ声が続きました。

 小池氏が過労で約1か月間入院し、退院してから3か月も経ちます。昨年7月の東京都議選では、自身が特別顧問を務める「都民ファーストの会」候補者の応援で、車に酸素ボンベを積んで移動していたことが思い出されます。コンディション不良がここまで露わになると、取りざたされている「健康不安説」が一層強まってしまいそうです。

 大物政治家は長く権力を保つ、と思わせることが欠かせません。体調が万全でない姿を晒すのはあってはならないことです。稀代のパフォーマーの小池氏が、よりによってテレビで不覚を取るーー。去就に黄信号が灯りかねません。

 一方で、昨年12月15日、小池氏は国民民主党の玉木雄一郎代表と白昼堂々都庁で面会。また、今年2月10日の同党党大会で玉木代表は、参議院東京選挙区で、都民ファーストの会との統一候補を模索すると明言しました。これによって7月の参議院選への小池氏の出馬説が急浮上。永田町では「女帝」などとも称される小池氏の真意はどこにあるのでしょうかーー。

羽生結弦が4年後の金メダルに葛藤するように……

2月14日、会見で記者からの質問を笑顔で聞く羽生結弦(JMPA代表撮影・2022年北京五輪)

 過去最高のメダル獲得で連日沸いた北京オリンピック。国民の脳裏に焼き付いているのは銀盤のスターこと羽生結弦の悲劇です。「あの“リンクの穴”さえ無ければ、金メダルだったのに……」記録より記憶に残ったことで、後世に語り継がれるでしょう。

 今後、否が応でも注目されるのはその去就です。4年後のミラノ/コルティナ・ダンペッツォ五輪へと再起を図るのか、本人の言葉通り「やり切った」とこれが見納めとなってしまうのか。4年後には31歳とフィギュア選手としては超高齢選手となり、金メダル奪回は難しいようにも思えます。前人未到の2連覇を果たした彼が、8位までの入賞争いが限度と悟れば、晩節を汚さず引退、という結末もよぎってきます。

 しかし33歳まで現役を続けた村主章枝が「まだ続けるものと信じている」と語るように、多くの国民も後ろ髪引かれる思いです。

 羽生選手が4年後の金に葛藤するように、私は小池氏が総理の座を目指す心境も逡巡しているのではないかと考えています。

 彼女の総理への野望は、つとに知られています。女性初の防衛大臣、女性初の自民党総裁選候補者、女性初の自民党三役、女性初の東京都知事。そして……、史上初の女性総理の座こそが、彼女にとっての金メダルなのです。今年の7月15日で70歳に達しますが、アメリカのジョー・バイデン大統領は77歳で大統領選に勝利。27歳の羽生結弦に比べ、彼女は「金」狙いで一勝負できる年齢にあります。