人気VTuber・潤羽るしあが、2月24日をもって所属事務所『ホロライブプロダクション』から契約を解除された。「会社で取得した秘密保持に抵触する情報やSNSのやり取りを許可なく第三者に漏洩するといった契約違反行為」などが理由だといい、ネット上では「るしあの騒動は、情報漏洩として判断されたのか」と話題になっている。

 VTuberとは“バーチャルYouTuber”のことで、その動画や配信の画面に映るのは、喋っている本人の姿ではなく、2Dまたは3Dのキャラクターとなっている。ホロライブには多くのVTuberが所属しており、潤羽は同事務所の三期生として2019年7月にデビュー。 

「同棲してる?」ファンが抱いた疑惑

 YouTubeにはスーパーチャットという一種の“投げ銭”機能があるが、YouTubeのさまざまなデータを収集して分析、公開しているサイト『Playboard』のランキングで、潤羽は2021年に約1億9400万円の投げ銭を集めたとして1位に輝くほど、世界的な人気を誇っていた。

「潤羽に対し、それだけ本気で貢いでいるファンがいたということなのですが、今年2月10日に“事件”が勃発。潤羽とVTuber・さくらみこがコラボレーションして生配信を行っていた際、潤羽のゲーム画面上に“まふまふさん”から《たったいま生放送終わって、帰る準備してるよ みーちゃん》というメッセージが届いたと通知されたのです」(アニメ誌ライター)

 なお、VTuberはキャラクターの声を出している人、いわゆる“中の人”はいない……といったていで活動しているが、ファンの間では、潤羽の中身が女性配信者・みけねこであると知られている。

 一方でまふまふは、昨年の『NHK紅白歌合戦』にも出場した人気歌手で、実は過去にもネット上でみけねことの“交際疑惑”を取り沙汰されたことがある。そんなまふまふが今回、潤羽を「みーちゃん」呼びし、“帰宅報告”までしているということで、両者のファンは「付き合っているどころか、同棲しているのでは?」と大騒ぎになってしまったのだ。