30代から婚活を始め、34歳のときダイエット目的でジムに通いだしたプロテインひろこさん。しかし、根がズボラなので、ジムは結局続かなかったそうだ。

その後、栄養管理のプロに食事内容をLINEで毎日チェックしてもらったら、タンパク質が足りないと言われたんです。運動しなくても筋肉を落とさず、代謝を落とさないよう、タンパク質をもっととるようアドバイスを受けました」(ひろこさん、以下同)

プロテインにハマった理由

 しかし、料理があまり好きではないため、コンビニでサラダチキンやさば缶を買い、そのまま食べていた。

きっと料理が得意な方ならおいしく調理するんでしょうけど、飽きてしまって。しまいにはエサにしか見えなくなっていました(笑)

 だが、そこで思い出したことがある。運動は続かなかったが、ジムに通っていたときに飲んだプロテインがすごくおいしかったことを。

これならタンパク質を補いながら続けられるんじゃないか。そう考えたことが、プロテインにハマるきっかけになりましたね

 ひろこさんのビフォーとアフターの写真を比べてみると、ぽっちゃりとした丸顔と二重あごが、今ではスッキリとしている。

「以前はIT業界で営業職をしていて、ストレスでドカ食いをすることもありました」

 体重は、プロテインを飲み始めると、約3か月で4kg落ちた。あごの線もスッキリしたが、何より肌のキメが整ったのがうれしかったという。

飲めばやせるわけではありませんが、小腹が満たされ、無理なく食事のカロリーオフができた。フレーバーも豊富で飽きないし、運動していなくても忙しい現代人の栄養サポートにもってこいなんです

 現在は認定資格「プロテインマイスター」を持つひろこさんに、1日にとっているプロテインの量を聞いた。

3食プロテインだけ飲んでいるわけではなくて、基本的には食事からもタンパク質をとるようにしています

 一般的な成人女性が1日にとるべきタンパク質の目安は50gといわれる。コンビニで買えるサラダチキンのタンパク質量が約20gぐらいなので、1日に50g食べるとなると、サラダチキンならば2個半食べる必要がある。

「結構大変ですよね。だから私は1日の食事を考えて、足りないなと思ったら、プロテインで補う。毎朝、軽い朝食とともに飲むようにしています。朝・昼・夜・間食と、少しずつとると理想的なのですが、特に朝とることが筋肉を落とさず代謝を維持するためには大事なんです」

 プロテインだったら、忙しい朝でもシャカシャカするだけで飲める。

 ここ数年で味もグンとよくなった。

「今はビタミンやミネラルも一緒にとれて美肌にもいい商品も増えています。目的に合わせてプロテインを取り入れてみてはいかがでしょうか」