連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で、上白石萌音、深津絵里に続き3人目のヒロインを演じる川栄李奈。

「深津さん演じる“るい”とオダギリジョーさん演じる錠一郎の娘・ひなた役。『カムカム』は祖母、母、娘と3世代にわたる物語で、川栄さんは自分の“夢”を模索する女性役を演じています」(スポーツ紙記者)

 2人目のヒロインだった“るい”を演じる深津や、オダギリも引き続き出演しているが、物語ラストのヒロインとして登場した川栄の演技はどうか。ドラマ評論家の成馬零一氏は、

『カムカム』は登場人物に与えられた役割が明確に決まっていて、演じるのが難しいドラマだと感じます。川栄さんの前のヒロインは演技力を高く評価されている上白石さんと深津さん。この2人が非常にうまく演じていただけに、これまでのキャリア的に脇役の多かった川栄さんがどう演じるのか注目が集まっていました。期待値がどんどん上がってプレッシャーもすごかったと思いますが、キチンと作品の一部となる、いい演技をしているなという印象です

AKBで一番のバカだった

 “主役”として太鼓判を押された川栄だが、芸能生活のスタートはアイドルだった。

「15歳のとき友人に誘われAKB48のオーディションを受けたのですが“東京に遊びに行こう”くらいのノリだった。だから当初は“もう辞めたい”とコボしていたそうです。'12年には研究生から正規メンバーに昇格しましたが、AKB内の人気ランキングを決める選抜総選挙では圏外のままでした」(前出・スポーツ紙記者)

 前田敦子や大島優子のように常に人気トップを走るアイドルではなかったが、あるとき転機が訪れる。'13年に出演した『めちゃ×2 イケてるッ!』(フジテレビ系)内の番組企画『抜き打ち学力テスト』でのことだ。

「篠田麻里子さんや渡辺麻友さんなど、総勢15名が受けた5教科で、500点満点中239点の川栄さんが最下位だったんです。“アルハラ”の意味を説明する問題では“男の人が急にアルパカをたたいた(強め)”といった珍回答を連発。AKBで1番のバカという“センターバカ”の称号を獲得し話題になりました」(アイドル誌ライター)

'16年、『とと姉ちゃん』の打ち上げに参加する川栄李奈

 '14年の総選挙では過去最高の16位を記録。アイドル街道が軌道に乗ったかと思われたのだが……。

「岩手県で行われた握手会で、のこぎりを持った男に襲われました。手を負傷しましたが、いちばん重かったのは心の傷。事件以降、初対面の人と会うことができず、握手会に参加できなくなってしまった。その影響で'15年にAKBの卒業を決めたのです」(同・アイドル誌ライター)

 卒業前にドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)に出演したことで、女優として活動していこうと決意していた。だが、周囲の目は厳しかった。

「当時、記者の間でも“アイドルをやめて女優になるなんて難しいのでは?”との前評判がほとんど。『めちゃ×イケ』で共演した岡村隆史さんも卒業時に“おまえAKBやめて大丈夫か?”と先行きを心配して声をかけたとラジオで明かしていました」(前出・スポーツ紙記者)