NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、宮沢りえは北条義時の義母役で出演。今後、さらにクセのある“悪女”ぶりを発揮する、その演技に期待がかかる。

「日本テレビ系のドラマ『真犯人フラグ』にも出演しており、ミステリーの鍵を握る“失踪妻”という役どころ。まったく違う役柄ですが、どちらのドラマでも存在感を見せています。主演を務める映画『決戦は日曜日』も公開され、引く手あまたの大女優です」(テレビ誌ライター)

宮沢りえが抱く舞台への熱い思い

 '18年に元V6の森田剛と再婚し、昨年11月にふたりで新事務所『MOSS』を立ち上げた。ドラマや映画のオファーが途切れない一方、舞台にも力を入れている。昨年12月には舞台『泥人魚』の座長を務めた。'03年に唐十郎が発表した戯曲だ。

 彼女が最も大切にしているのは舞台なのだという。演劇に詳しい文筆家の折田侑駿氏に話を聞いた。

「宮沢さんは映画やドラマには出演していない年があるものの、演劇にはコンスタントに出演されてきました。コロナ禍で'20年はすべての舞台が中止に。それでもなお、'21年には『泥人魚』に挑んだことに、彼女の演劇に対する思いや覚悟のようなものが表れていると思います」

 宮沢自身も、過去のインタビューで舞台への熱い思いを語っている。

《毎日同じことをやっていても毎日新しいものが生まれる感覚があって、それがすごく『生きてる』って感じられて、好きなんです》(『25ans』'11年12月号)

《表情にあふれてくる何かって、同時に足の先からもあふれていなくてはいけないものだと思うんですね。だから映画でも、常に全身を撮られていても構わないんです。でも映画ではアップも必要ですからね。そういう意味では、やっぱり舞台はとても好きです》(『せりふの時代』'04年2月号)