長年、アジアでトップを走ってきた日本が追い越されつつある。今、世界が注目するのは韓国だ。

 昨年、Netflixにて配信された韓国のドラマ『イカゲーム』は世界的な社会現象を巻き起こした。同配信サイトの視聴ランキングは韓国映画、ドラマが1位を独占。BTSやBLACKPINKといったアーティストたちが世界規模で活躍、日本のファンも多い。さらにはファッションやコスメ……。韓国カルチャーが日本国内を席巻する。

若手は危機感を……日本エンタメとの差

 今年1月、俳優の菅田将暉が「(韓国映画やエンタメと日本製との)その差は何だというところを、ちゃんと僕らは悔しがらなきゃいけないんだろうと思います」と発言し、話題に。それほどにまで日本のエンタメ業界は押され、危機感を抱いている若手俳優やアーティストなども少なくない。

 そこで菅田が指摘する「日韓エンタメ事情の差」について韓国エンタメ事情に詳しい古家正亨さんに聞いた。

「韓国エンタメが優勢な背景には、同国がこれまで培ってきた下地があったんです」

 まず、2003年〜'04年のドラマ『冬のソナタ』をきっかけに起きた韓流ブーム。

 次が'09年から'11年にかけてのKARAや少女時代ら『K-POPアイドル』たちの登場だ。彼女らの洗練されたファッションやスタイルは多くの若い女性たちを魅了した。

 そしてBTSらの登場。K-POPアーティストたちは若者たちの心をつかみ日本のアーティストたちよりも一歩前に躍り出たのだ。

 ただし、古家さんいわく、今回の流行はK-POPでも韓国ドラマでもないという。

「音楽やエンタメにとどまらず、ファッションやコスメ、食べ物までトータル的に韓国の大衆文化が日本で流行っている。これはエンターテイメントを介した韓国そのものの流行です。エンターテイメントの領域を超えて韓国というブランド力が社会に浸透していることが、これまでの流行との決定的な違いです

日本のエンタメ業界と差がついた原因

 その流行の中心を担うのが10代~30代の若い世代だ。

「これまでは韓国に対し、『反日』などのネガティブなイメージを持っていた層は少なくなかった。ですが、今の若い世代にはそうしたバイアスがまずない。純粋に自分たちが『よい』と思ったものを評価しているだけ」(古家さん、以下同)

 前述の菅田によるコメントのように韓国との差が如実に表れた現状には同国のアーティストやインフルエンサーらが世界から注目され、成功していることも関係している。

「K-POPアイドルになりたいと韓国に行く日本人は年々増えており、理由を尋ねると“世界が近い”と答えます。日本にいて世界を目指せる術があればわざわざ韓国に渡る必要はない。でも、現状の日本から世界に進出することが難しいのです」

 若者たちは韓国に自らの夢の希望を見いだしているのだ。

「日本にも才能のある人は山のようにいる。ですが彼らを活かすことができない業界にも問題があるんです」

 日本のエンタメ業界がこれまで戦略的にアジアをターゲットに展開してこなかったことも差がついた要因のひとつとして考えられるという。

 これまで韓国は早い段階からアーティストを育成、世界規模でイベントやライブ活動を精力的に行っていた。

「このブームで韓国芸能界が将来を見据えて投資していたものを回収している状況です。日本も海外向けに積極的な戦略をとっていたら状況は変わっていたかもしれない。流行はエンタメから発信するところが大きいのですが、日本国内のカルチャーを動かす人たちに先を見据えたセンスがないのも課題でしょう」