「僕も……、出たいです(笑)」

 羽生結弦が、日本オリンピック委員会の公式Twitterに投稿された動画でこう話した。

現在、'30年の冬季五輪を北海道の札幌で開催しようと、招致活動が行われています。今回の動画もその一環で、ほかにも、フィギュアスケートの鍵山優真選手、宇野昌磨選手や、スキージャンプの小林陵侑選手など、北京五輪で活躍した選手たちも参加。それぞれが札幌五輪への思いを語っています。'30年冬季五輪は年内にも開催地が内定する見込みです」(スポーツ紙記者)

貴重なチャンスに羽生も本気か

 羽生のこの発言を受けて、ファンたちは歓喜の声を上げている。

「8年後には35歳となっている羽生選手。コーチとして帯同するのか、開会式や閉会式に登場するのか、はたまた代表選手として出場するのか、どんな形で札幌五輪に出てくれるのか楽しみです」(羽生のファン)

 動画では、“出たい”と言いながら思わず笑ってしまった羽生。リップサービスのようにも思えるが、2度の冬季五輪出場経験があり、現在はフィギュアスケート振付師として活動する村主章枝さんは“あながちそうでもないのでは”と推察する。

「自国開催の五輪というのはやはり特別。前回、日本で冬季五輪が開催されたのが'98年長野五輪で、次が'30年札幌五輪だとすると、その間は32年。タイミング的に、出場できるチャンスはなかなかないので、羽生選手も案外本気かもしれませんね(笑)」

 しかし、北京五輪で表彰台にのぼったのは10代や20代の選手だけ。35歳で出場できる可能性はあるのだろうか。