高畑充希が主演を務めるドラマ『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系)が、3月16日に最終回を迎える。

「社長秘書を務めていた高畑さん演じる主人公が突然、子会社の社長に抜擢される……という爽快お仕事ドラマです。民放初主演の'17年放送の『過保護のカホコ』最終回では視聴率14%をマーク。

 同じ日テレで主演を務めた『同期のサクラ』も全話平均視聴率が2ケタだっただけに、今回も期待されていたのですが……。初回から1ケタと、低空飛行から抜けだせずに終わりそうです」(テレビ誌編集者)

「命がけで演じてるんで」

 主演ドラマでは苦戦を強いられてしまったが、彼女にとってはドラマ以上に力を注ぐ作品が控えている。

「5月から6月にかけて、4度目の出演となる舞台『奇跡の人』。7月から8月には『ミス・サイゴン』と、連続で話題作への出演が決まっています」(スポーツ紙記者)

 '16年放送の朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロインを演じ、一躍国民的女優の仲間入りを果たした高畑。芸能界入りのきっかけが舞台のオーディションとあって、舞台への思い入れは誰よりも強い。

「なかでも『奇跡の人』という作品をとても大事にしています。だからか、ちょっとした“事件”もありまして。以前、舞台公演中にCM撮影を行った際、関西出身のCM監督さんが“舞台、見たいからタダで招待してよ~”と冗談で言ったところ、普段なら笑って受け流す彼女が“命がけで演じてるんで、無理です”と、半ギレぎみで答えていました」(広告代理店関係者)