「いま、消防隊が入ったところ!」

 アパート1階のその部屋はもくもくと白煙を吐き続け、放水を受けてもおさまる気配がない。先に火事に気づいた住民が別の住民に状況を知らせる。

 遠巻きに周辺住民らが消火活動を見守る中、防護服の消防隊員が部屋のドアを開けると勢いよく火が吹き出す。

「怖い〜」と女性の声。

 周辺宅にまで煙が押し寄せ、

「洗濯物が……」

 と気にする住民も。

 目撃者が撮影した動画には、不安そうな表情をしている多くの住民が映っていた。

 東京都東村山市の2階建てアパートで火災があったのは2月28日午後5時すぎのこと。出火元とみられる1階の部屋の壁など約10平方メートルを焼き、駆け付けた東京消防庁によって約2時間半後に消しとめられた。同じアパートで暮らすほかの住人にケガがなかったのが幸いだった。

アパートの退去期限日に放火

「1週間後に放火の疑いで逮捕されたのは出火元の部屋に住む中年男。火災発生直後とみられる時間帯、男性の声で“部屋の中でビニールなどが燃えている”と匿名の119番通報があった。通報内容が外部から把握しにくい情報のため、この男が自分で通報した可能性がある」(社会部記者)

 警視庁が3月7日、現住建造物放火の疑いで逮捕したのは無職・田原春貴之容疑者(49)。取り調べに対し、

「長年ため込んでいたゴミを燃やしてしまおうと思い、部屋に火をつけました」

 と容疑を認めている。

 火災当日はアパートの退去期限だった。