離婚騒動や植毛告白など、いしだ壱成が何かと話題だ。そんな彼を“残念なおじさん”と見ている若い人も多いかもしれないが、40代以上の人はみな、心の奥底で思っている。「昔の壱成は間違いなく大スターだった」とーー。コラムニスト・吉田潮さんが綴る。

「若手実力派」「フェミ男」として一世を風靡

 3月16日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)にサプライズ出演したのは、いしだ壱成。翌17日にインタビューで植毛、離婚、そして今後の展望を語った。「トルコで植毛2350株」「渡航費含めて80万円」「今は軽井沢のホテルで客室清掃」「アジア進出、まずはタイで音楽、それから俳優でバイプレイヤーを目指したい」。見出しとして最高というか、ぐっとくるワード(胸やけするという意味で)がてんこもりである。

 お若い方はいしだ壱成をほぼ知らないだろう。主に、何度か繰り返した婚姻関係や芸能一家という親族関係くらいで、残念なおじさんくらいにしか見ていない。失礼ながら、私も「昔の壱成はどこへ?」と思ったよ。

 ちょっと前だが、ドラマで久しぶりに姿を観たときも衝撃を受けた。『アルジャーノンに花束を』(TBS系・2015年)で、主人公(山下智久)の亡くなった父親役だったが、思わず息を呑んだ。「え、これが、あの隆盛を極めた、いしだ壱成……?!」と目を疑った。

 いしだ壱成、本名・星川一星は1990年代、間違いなく大スターで、時代の寵児でもあった。ちょっとあのころを振り返ってみる。

 壱成は綺羅星のごとく現れ、大人気ドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系)に出演以降、演技力や独特の佇まいが評価され、主演作が一気に増えた。あのころ、いろいろな意味で話題を呼んだ野島伸司シリーズが代表作として語られることも多い。

『未成年』(TBS系)では、優秀な兄(谷原章介)と比較され続けて、無気力でやや自暴自棄になった高校生を演じた。喫煙、飲酒、性交、いじめ、売春、妊娠、そして逃亡劇の末のたてこもり……高校生の生々しい体験と恋愛、そして熱い友情を描いた意欲作で、壱成の瑞々しさや青さが際立つ作品でもあった。

 兄の病弱な恋人(桜井幸子)に恋をしたものの、劣等感やコンプレックスを持て余している壱成。知的障がいのある青年(香取慎吾)に妙に懐かれるも、無下にできない優しさが根っこにある。親友(北原雅樹)やヤクザの元同級生(反町隆史)、差別意識の高い優等生(河相我聞)とつるみ、思いもよらぬ方向へ暴走していくのだが、'90年代の若者の有り余るエネルギーと大人たちや社会への不満をリアルに体現していた。

 同じく野島作品の『聖者の行進』(TBS系)では、知的障がい者の主人公を演じた。あまり光を当てられない障がい者の厳しい現実を描いた作品だったが、とにかくひどい仕打ちを受ける。搾取と虐待があまりに生々しく描かれたため、問題作とされた。純粋な心の持ち主をキラキラと輝いた目の壱成が熱演したし、当時大人気の広末涼子や、のちにいろいろとアレな酒井法子も共演した作品で、話題を呼んだことは間違いない。

 話題作に問題作、ややクセの強い作品(三上博史主演の『リップスティック』(フジテレビ系)など)にも出ていたせいか、「若手の実力派俳優」という印象が強いのだが、そのルックスも今までにないタイプとして人気を博した。

'98年、ドラマ『ボーイハント』記者会見。中性的な“フェミ男”ファッションがブームになったいしだ壱成

 当時、武田真治とならんで「フェミ男」ともてはやされたんだよね。男くさくない細身の男の子、レディース服すらオサレに着こなす男子として、『MEN'S NON-NO』(集英社)、『smart』(宝島社)、『Boon』(祥伝社)などのファッション誌に引っ張りだこ。幾度となく表紙を飾り、若い男女の間でカリスマ的な存在だったのだ。令和の今でいうと誰かな。演技もうまくて、音楽もやって、ファッションリーダーで……菅田将暉とか北村匠海とかかな。

 とはいえ、私自身は壱成の音楽をほぼ知らない。デビューシングル『WARNING』しか聴いたことがない。そこで、当時の壱成のファンだった友人Sに話を聞いてみることに。彼女は壱成のバンド「THE BIG BAND!!」のファンクラブにも入っていた筋金入りのグルーピー(死語)で、今でも会報誌や切り抜きを持っているので見せてもらった。