《皆様今日は姉のブログに来てくださりありがとうございました。生前は多大なるご支援を賜りまして心より感謝申し上げます。》

 3月24日の深夜、小林麻耶が【お手紙を預かりました】とのタイトルで自身のブログを更新。彼女に手紙を託したとされるのは、麻耶のことを“姉”と呼ぶ“人物”ーー。

 連日にわたって義弟・市川海老蔵への口撃を続けている麻耶。始まりは3月10日、ブログで國光吟氏との離婚を公表してからだった。スポーツ紙芸能デスクが経緯を解説する。

「この日、國光氏が句読点を一切使わない4000字以上にわたる文章を公開しては、離婚を“紙切れ上の話”として夫婦仲は円満であることを強調。一方で"堪忍袋ももうきれそう”と海老蔵への不信と不満をぶちまけたのです。思えば、あれが“宣戦布告”だったのでしょう」

 そして3月21日、麻耶の言動はエスカレートする。國光氏のYouTubeチャンネルに登場すると、妹・小林麻央さんの闘病時における海老蔵の姿を暴露し始めた。

「彼は麻央さんの病室で“え、何すればいいの? ちといられないんだけど。帰るわ”と帰ったこと、また麻耶さんとそのご両親の前で“競馬新聞を開き、競馬を見ながら楽しんでいた”と、本当のことであれば人間性が疑われるような話。

 さらに“妹からも相談を受けていました。苦しいよ、苦しいよ、死にたいよ。離婚したいよって”と、生前の麻央さんが離婚を望んでいたことも明かしたのです。もちろん、一方的に発信した麻耶さんの言葉が真実かどうかはわかりませんが、海老蔵との完全決別を覚悟してのこと。彼女のメンタルが心配ですね」(前出・芸能デスク)

 その後もブログで“海老蔵ディスり”を続ける麻耶。3月24日には《まん防破り 店で食事 マスクなしで歩く こんなことがあっていいのでしょうか》《娘に聞かれたら何と答えるのですか?》と、報じられたばかりの深夜デートや、複数女性との交際にも触れて海老蔵に苦言を呈してみせた。