このところ、歌舞伎俳優・市川海老蔵をめぐる騒動が続いている。

 フリーアナウンサー・小林麻耶の元夫で整体師の“あきら。”こと國光吟氏がブログで海老蔵批判を展開し、麻耶もそれらのブログを再投稿していたかと思えば、3月21日には國光氏のYouTubeチャンネルに登場した麻耶が、自身の言葉で海老蔵を糾弾し始めた。

ホテルで女性に2万円

 海老蔵は2010年3月に麻耶の妹・麻央さんと結婚し、2011年7月に長女・麗禾ちゃん、2013年3月に長男・勸玄くんも誕生。しかし2017年6月、麻央さんは乳がんのため亡くなった。

「麻耶は、生前の麻央さんの病室で“競馬新聞を開き、競馬を見ながら楽しんでいた”という海老蔵の非常識な行動などを暴露。また、麻央さんが“離婚したい”と漏らしていたことも明かしています。さらに、今月24日のYouTube動画では、海老蔵が麻耶から9000万円もの大金を借りっぱなしにしているという話もありました」(スポーツ紙記者)

 そんな中、同日発売の「女性セブン」(小学館)は、政府が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的でまん延防止等重点措置をとっていた3月中旬、海老蔵が女性・A子さんと外食していたと報道。まん防期間中、都内の飲食店の営業時間は夜9時までと求められていたが、海老蔵は日付が変わる頃までA子さんと食事デートを楽しんでいたという。

 さらに、3月上旬にはB子さんと“ホテル密会”し、また別の日にはC子さんともホテルで合流していたという海老蔵。記事では、彼がSNSを使って女性をナンパし、多重交際していることが伝えられたほか、やはりSNSを通じて海老蔵と知り合ったというD子さんも登場して、ホテルで2万円を手渡されたとの証言も掲載された。