ちょっとした日常動作にさえ支障があり、つらい痛みを伴うのに病院で「治療法はない」と言われてしまう……。実はそういった病気は少なくない。そのひとつが、更年期以降の女性に多い手指の「変形性関節症」。

医療に見放されてきた手指の関節の痛み

 特に第一関節の腫れや痛み、変形が起こる「ヘバーデン結節」の患者数は国内で300万人以上に上る。人さし指から小指にかけて発症するが、親指に起こることもある。

 指の痛みと変形で指の曲げ伸ばしが難しくなり、ペットボトルのキャップやドアノブが回せないという患者も少なくない。悪化すれば指を使っていないときでも痛みを感じるようになる。

 手指で同じような症状が見られる病気に「関節リウマチ」があるが、検査でリウマチではないとわかると、ヘバーデン結節である可能性が高くなる。原因はいまだ不明であり、治療法の研究が進んでいないのが現状だ。

「整形外科で痛みを訴えても、“年のせいだからしかたがない”とか“指を動かさないように”と言われて帰されてしまう。でも、仕事や家事で手仕事をせざるをえない女性には到底ムリな話でしょう」と話すのは、日本で初めて「ヘバーデン結節外来」を開設した医師の富永喜代先生。

 湿布や痛み止めも効果は限定的。指に湿布やテーピングをしていたら、生活するのに不便。結果的に、患者は治療をあきらめて日々痛みに耐えるしかない。

 手指の変形性関節症は、診療点数の大きいリウマチとは違って得られる診療報酬が少ないのも治療が積極的に行われない要因だという。

「私はオンライン診療を行っていますが、全国の患者さんからの依頼が絶えません」(富永先生、以下同)

改善者続出で話題の「マッサージ」とは?

 そこで注目されているのが、富永先生が考案した「10秒神経マッサージ」。ペインクリニックで行われる治療の進め方を軸にしている。

「決して痛みの解消をあきらめないでほしいのです。一時的に『痛みをとる』ことが根本治療にならないと思われがちですが、実は間違い。痛みをとれば、手指を楽に動かせるようになり、可動域も広がります。すると、筋肉や血管の緊張がほぐれ、血流や神経の機能が回復するという道筋が開けるのです」

 まずはとにかく痛みをとることが大事。下記では「10秒神経マッサージ」の臨床効果と、正しいやり方をご紹介する。

神経マッサージで2か月後に痛み半減

神経マッサージで痛みが半減!

 富永先生が豊富な臨床経験から編み出した「10秒神経マッサージ」のやり方は、手指や手首にある“神経ポイント”を、それぞれ10秒ずつ爪で強く押して刺激する。

 次ページに紹介する手順1〜4を、朝と夜の1日2回行う。指導を受けた患者の多くは、2か月後には痛みのスコアが半減するという。

 患者のひとりSさん(55歳・女性)の仕事は、給食センターでの調理だ。何よりもつらかったのがミニトマトのへた取りだった。ところが、マッサージを始めて2か月後から徐々に痛みが改善し、痛みなく仕事を続けている。

 また、Mさん(60歳・女性)は、手をぎゅっと握ることができず、ドアノブを回せないほどに。家中のドアも常に半開きにしていた。それが神経マッサージを始めた半年後には趣味の編み物も再開。富永先生に「お礼に」と作品をプレゼントしてくれたという。

 染色や織物の職人として活躍されているTさん(70歳・女性)の場合は、娘さんにクリニックのオンライン診療とつなげてもらって診断。神経マッサージを始めてもらった。

「この方は特に冬になると痛みと腫れが悪化していました。でも受診から1年後には、パソコンの画面越しに、『今年の冬はこんなに指を動かせます』と、涙を流しながら私に見せてくれました」

 気をつけたいのは手指の変形性関節症は徐々に進行していく疾患だということだ。

「神経マッサージは重度の痛みにも有効ですが、曲がってしまった指はもとには戻せません。でも、なるべく早い段階から対処して痛みをとり、指を動かせるようにすることが進行予防にもつながる。そのために、クリニックでは症状に応じて神経ブロック注射を行うこともあります」