《俺の返しが上手いこと行かなかったからそういう空気になったまでで、向井は何か展開を作らなきゃと頑張った証ですから…というか、俺は何とも思ってないので、もうやんや言うのはなし》

 3月27日に自身のYouTube『ジャにのちゃんねる』を更新した嵐・二宮和也。この日の動画概要欄にて、3月26日に出演したTBSの人気特番『オールスター感謝祭'22』で起きた、“アーチェリー事件”に触れた。

 主演ドラマ『マイファミリー』(4月10日スタート)を代表して、田中圭、高橋一生、藤原竜也ら俳優陣とアーチェリー対決に臨んだ二宮。得点トップの田中を追う最後の射手として登場すると、司会の今田耕司から応援コメントを求められたのが後輩グループ『Snow Man』の向井康二。

 すると向井は《二宮くんはこういうとき、たぶんですけど外しそうな気がします》と、先輩をイジるような発言。場の空気が冷えたのを感じたのか、すぐに《でも、今日は僕たちがいるんで決めてほしいです!》と言い直すも、二宮は本当に外してしまい、優勝を逃したのだった。

嵐とSnow Manファンによる論争

「生放送での発言に、ネット上では“笑えない”“失礼すぎる”などと嵐ファンの声なのか、向井くんを断罪するような投稿が溢れたのです。一方で、ニノも無反応でスルーを決めたことで、今度はSnow Manファンからも“先輩としてどうなの?”と、双方のファンによる代理戦争に発展しかけたのです」(ニュースメディア編集者)

 大騒動に発展しようかという矢先に、二宮は冒頭のYouTubeにて《アーチェリーの時に僕が余計な事を言ってしまい、失礼しました。と大吾経由で向井から伝言をもらいました。》と、同じく番組出演していた『なにわ男子』西畑大吾から、向井の謝罪を伝え聞いたことを報告。そして《やんや言うのなし!》と、トラブルを納めてみせたのだった。

 と、ここまでが嵐とSnow Manファンを巻き込んだ“失礼発言”騒動だったのだが、“アーチェリー事件”はこれで終わりではなかった。向井の発言後に自身が発した、二宮の“問題発言”には一切触れることはなくーー。