木村拓哉2年ぶりの連続ドラマ『未来への10カウント』が、テレビ朝日系にて4月14日よりスタート。大河ドラマ『青天を衝け』での徳川慶喜役が記憶に新しい草なぎ剛は、 '23年1月クールのカンテレ・フジテレビ系において『銭の戦争』『嘘の戦争』に続く復讐シリーズの第3弾に主演することが発表された。

 そして稲垣吾郎は'20年に朝ドラ『スカーレット』、香取慎吾も'21年に『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室』で連ドラ復帰をしており、SMAP解散後はドラマ界と距離を置かれていた新しい地図の3人が、再び最前線で活躍する動きが活発化してきている。

 中居正広も含め、'90~'00年代のドラマ黄金時代の一翼を担っていたSMAPの5人。30年にもわたりコンスタントに主演作が制作され続けた作品の数々はいま見ても色あせず、語り継がれる名作も多い。

「これまで数多くのジャニーズのグループのメンバーたちがドラマに主演してきましたけど、SMAPほどそれぞれの個性が際立っていたグループはないと思います。1人ひとりについてだけでも延々と語れちゃう(笑)」

 と語るのは、彼らと同じ時代をドラマウォッチャーとして伴走してきた漫画家のカトリーヌあやこさん。際立つ個性とはいかなるものなのだろうか? 

 そこで、20代以上の一般女性600人にもう一度見たいSMAPドラマアンケートを実施し、メンバーごとにベスト3を発表。カトリーヌさんとともに数々の名作をプレーバックしてみた!

キムタクのかっこよさに毎週ドキドキ

木村拓哉主演ドラマ『ロングバケーション』('96年、フジテレビ系)

 木村の作品の中でいちばん支持を得たのは『ロングバケーション』('96年、フジテレビ系)。木村演じる主人公の瀬名と、山口智子扮するヒロインの南の恋愛を描いた月9作品で、“放送日の夜はOLが街から消える”と言われたほどの大ヒット作。

「当時高校生で、キムタクのかっこよさにドキドキで毎週楽しみだった」(42歳・茨城)「毎週ビデオに録画していました。当時を思い出したらもう一度見たくなった」(47歳・兵庫)。

 第2位は木村が型破りな検事・久利生を演じた『HERO』('01年ほか、フジテレビ系)。「木村くんと松たか子さんのコンビが最高でした」(38歳・高知)、「再放送を見てどハマり。友達と映画も見に行きました」(27歳・愛知)

 第3位は、石田ひかり演じる主人公のなるみや、木村演じるお調子者だが根は優しい青年・取手ら大学生5人の友情と恋愛を描いた『あすなろ白書』('93年、フジテレビ系)。「初々しい木村くんと、あすなろ抱きをまた見たい」(49歳・神奈川)