「風邪に効くゥ!!」でおなじみの日本臓器製薬『コフト顆粒』のCM。誰もが一度は目にしたことがあるのではないだろうか。

 外国人のタレントを起用、セリフはたったひとことだけ、音楽は一切なし……と数多く流れる製薬会社のCMの中でも“どシンプル”かつ、独特な雰囲気を醸し出している。他社では有名女優や一流スポーツマンを起用したりしているが、あの「風邪に効くゥ!!」で有名なあの人はいったい誰なのかーー。

キムタクのドラマにも出演していた!

「弊社の CM に起用させていただいているタレントさんは、オーストラリア出身のウォルター アントニー(Walter Antony)さんです。木村拓哉さん主演のドラマ 『HERO』にも出演されていました。弊社以外にも『日清焼きそば UFO』 や『カビキラー』といった CM に起用されたご経歴をお持ちの方です。弊社のCMには2012年よりご出演いただいています」

 そう話すのは、日本臓器製薬の広報担当者。アントニーさんは、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)の再現VTRでおなじみ、ドラマでは『義母と娘のブルース』(TBS系)ほか、UVERworldのPVなどにも出演したこともある。そして日本臓器製薬のCMには10年も出演しているというから驚きだ。なぜ、アントニーさんが起用されたのか? 斜め上を行くCMの秘密を聞いた。

* * *

 CM業界全体を見渡せば、外国人のタレントが出演していることはもはや当たり前のこと。だが、製薬会社のCMに絞ってみてみると、なかなか珍しい。なぜ“あえて”の人選としたのだろうか。

「海外のタレントさんはジェスチャーなどを織り交ぜて痛みや症状改善シーンをより分かりやすく自然に表現されるからです。その中でも、ドラマやバラエティー番組でご活躍されているアントニーさんにご出演いただくことで、視聴者様の興味や関心を惹きつける狙いがありました」(同・広報担当者)

 その狙い通り、ツイッターなどでは「クセになる」「シンプルなのにインパクトすごい」「あの俳優さん誰なんだろ?」との反響がみられる。一方、放映開始当時の社内での評判はとういうと、

「社内においても、一時は“あのタレントさんはどなた?”という話題はありました。しかし、その意図が明確であったことや、インパクトがあるCMだったため、今ではみんな納得して誇らしくCMを見ています」

 と担当者。実はCM放映当初から、タレントはアントニーさんを起用しているという。だが最近、SNSでは「CMが変わってしまった!」という声がチラホラ。CM終了の声も聞こえてくるがーー。

「CMの内容は放映当初より変更しておりません。アントニーさんには『コフト顆粒』のほか、『ラックル速溶錠』『漢方ラックル顆粒』の CM にも出演していただいています。おそらく他の製品の CM をご覧になられた視聴者様が、変わったと思われたのではないかと思います」(以下、同・広報担当者)

 なんとアントニーさん、さらに2製品のCMにも出演していた……! さらに最近では、女性の外国人タレントの起用も。担当者は「症状や薬の効果をより分かりやすく伝えるための表情や、迫真の演技に注目していただければ」と話す。