明らかになりつつある日本映画界のゆがんだ体質。発端は、榊英雄監督の非道な行為の報道だった。3月10日に発売された『週刊文春』で、4人の女優が榊監督に性行為を強要されたと告発。

「強い立場を利用して肉体関係を迫り、暗がりに連れ込んで暴力を振るったとも。所属事務所を通じて謝罪コメントを発表しましたが、スタッフや観客に謝ることを優先して、被害女性は後回しでした」(スポーツ紙記者)

榊監督は意気地がいないタイプ

 撮影ずみだった映画『蜜月』の公開は中止となり、所属事務所は榊との契約を解除した。

「榊さんは若いころ、京都の『太秦映画村』にいたことがあります。昔の太秦では、大御所俳優や監督に対する枕営業の噂があったので“いつか自分も”と思っていたんじゃないかな。何本か映画を撮ったけど、監督としての評価はそれほど高くない。自分では大物気取りみたいだけど、今回の件で4月に公開予定だった映画『ハザードランプ』も“お蔵入り”になりました」(映画ライター)

 報道から約1か月が過ぎた4月上旬、榊の住む都内マンションを訪ねた。同じマンションで暮らす住人の1人によると、入り口の郵便受けから《榊》の名前が消されたという。報道を受けて、ひっそりと暮らしているようだ。彼の人となりについても尋ねると、意外にも評判は悪くない。

「すごくいい人ですよ。16年ほど前に、次の物件を探す“仮住まい”のつもりで引っ越してきたみたいですが、近所にすっかり溶け込んで、ずっと住んでいます。マンション内にある花壇のパンジーに水をあげてくれたり、雪かきを率先してやってくれたり。子どもが生まれてからは、近所の子どもたちと遊んでくれるし、天気が悪い日には学校まで一緒に送ってくれます」

 親切だが、情けない姿を見せることもあった。同じマンションの別の住人が語る。

「榊さん一家が住む部屋の下にクレーマーみたいな人が住んでいて、近隣にひどい嫌がらせをしていたんです。それでも榊さんの奥さんは毅然とした対応をしていたのですが、榊さんはその陰に隠れて見ているだけ。意気地がないんです。だから今回の被害者への対応も、彼らしいとはいえますね。会見などを開いて、直接、謝ったりするような度胸はないんでしょう」