『未来への10カウント』(テレビ朝日系:木曜9時)の初回平均視聴率は11.8%の好発進。検察、医師から総理大臣、あげくはロボットまで演じてきた木村拓哉が今度は高校ボクシング部のコーチに就任! あなたはどのキムタクが好きですか?男女1000人に緊急アンケート!

 今月14日からスタートした木村拓哉(以下、キムタク)主演の連続ドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)が話題を呼んでいる。今作でキムタクが演じるのは、高校ボクシング部のコーチ。でもこのコーチの過去には……。

「高校時代にボクシングで4冠を達成するという輝かしい成績を収めたものの、現在は生きる希望を失っている主人公。図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱い気持ちを取り戻していくというストーリーです。木村さんに“元天才”はつきもので、元天才ドライバー役の『エンジン』、元天才シェフ役の『グランメゾン東京』などがあります」(ドラマウォッチャー)。

 キムタク=天才なのは理由がある、と続ける。

「凡人の役だと浮いてしまうんです。オーラがやっぱり消えない。ネット上では木村さんがとっぴな職業設定のドラマが始まると“キムタクのキッザニア(子どもの職業体験施設のこと)”などという言葉も登場します。規格外にカッコいい木村さんが普通の役を演じてもつまらなくないですか?」

 ほかの俳優と比べて圧倒的に“変わり種”の職業が多いキムタク。そこで、これまで演じたドラマでの“職歴”をランキングとともに振り返ろう!

 キムタクが主演を務めた連続ドラマ23作品の中から、最もキムタクが役にハマっていたのは? 20代以上の男女1000人を対象に聞いた栄えある1位は視聴率でも1位の『HERO』('01年、フジテレビ系)。

1位『HERO』九利生公平(検事)

『HERO』('01年 フジテレビ系 月曜9時 共演:松たか子 平均視聴率34.3% 272票)
あらすじ/型破りで正義感の強い検察官・九利生(木村)と、松たか子演じるきまじめだがとぼけたところのある検察事務官2人のコンビによる捜査活動を同僚検事たちの巻き起こすコメディーを交えて描かれた。阿部寛や小日向文世など、脇の面々も活躍した。好評を受けて'06年には特別編、'07年には劇場版が製作され、'14年からは相棒を北川景子にかえて2期がスタート。'15年には劇場版第2作が製作された。

『HERO』撮影時の木村拓哉

「中卒で大検を経て司法試験に合格、という難しい役柄を上手に表現していた。通販グッズオタクという設定もチャーミングでした」(40代女性)

「キムタクには“型破り”が似合う! 検事なのに机に座っていられなくて現場に出ちゃうのがキムタクらしい」(40代男性)

「あんなファッションの検事は見たことないけど、それがまたドラマって感じでよかった」(50代男性)。

 劇中キムタクが着用していたエイプのレザーダウンジャケットは今でもネット上で高値で取引されるほどの人気。身につけたものまで売れる現象はさすがキムタク! でも同作で検事の仕事をわかった気になるのは“ヤバイ”です。