「これは通過点だと思うので、引き続きいいピッチングができるように頑張ります」

 偉業達成の翌日に高い志を口にしたのは、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手。

佐々木は同郷の後輩

「4月10日、オリックスバファローズとの試合で打者を1人も塁に出さない“完全試合”を達成しました。元・巨人の槙原寛己さん以来28年ぶりの快挙で、20歳5か月での達成は史上最年少。さらに、試合を通して奪った三振数は19とプロ野球記録のトップに並び、連続奪三振数は13で日本記録を更新。凄まじい暴れっぷりでした」(スポーツ紙記者)

“令和の怪物”の名に恥じないパフォーマンスは、海の向こうでも大きな話題に。

「メジャーリーグでは昨季、大谷翔平選手が“二刀流”の活躍で旋風を巻き起こしましたが、佐々木選手の完全試合もかなり注目を集めています。リーグの公式サイトではすぐに特集記事がアップされ、大谷選手と比較する声も多数。将来的なメジャー挑戦に、早くも期待が寄せられています」(同・スポーツ紙記者)

 弱冠20歳にして海外からも注目を集める逸材。大谷とは、そのルーツに共通点が。

「同じ岩手県出身ということで“同郷の後輩”にあたります。アメリカではすでに2人の共演を望む声が上がっていますが、大谷選手としても、メジャーでプレーしているうちに彼が海を渡ってきてくれたら、誇らしいでしょうね」(メジャーリーグ関係者)