《騒動が大きくなるにつれ、無関係の方の家にまでマスコミが訪れ、ご迷惑をかけました。事実と異なる情報も錯綜しています。もちろん、墓場まで持っていくつもりだったこともたくさんありますが》

 4月21日に発売された『週刊文春』でロングインタビューに応じた市川海老蔵。

 '17年に亡くなった妻の小林麻央さんの姉である小林麻耶との確執など、彼に寄せられる疑惑について見解を述べた。

「麻耶さんは今年3月から、YouTubeやブログの中で、乳がんの治療中だった麻央さんの病室で海老蔵さんが競馬を楽しんでいたことをはじめとした不誠実な言動の数々を告発。同時期に週刊誌で海老蔵さんがSNSを通して女性をナンパしていたことや、黒ずくめの呪術師に心酔していることも報道されました。ここ1か月の海老蔵さんはスキャンダル続きでしたね」(スポーツ紙記者)

「今年、團十郎が誕生しそうだ」

 海老蔵は麻耶に対して反省の弁を述べながらも、病室で競馬に興じていたことは深刻な空気を紛らわすためで悪意がないことだったと釈明。関係改善を望んでいたが……。

「文春の記事を読んだ麻耶さんはブログで“謝罪はしてもらっていません”とさらにヒートアップしています。この騒動はまだまだ長引くと思います」(同・スポーツ紙記者)

1日に20件以上更新されることもある小林麻耶のブログ

 歌舞伎の基礎を確立させた初代・市川團十郎の名跡を継ぐ海老蔵に降りかかる醜聞の嵐。この騒動の最中、彼が抱えているもう1つの大きな問題にも動きがあった。

4月8日に尾上菊五郎さんが囲み取材中に“今年、團十郎が誕生しそうだ”と漏らしたんです。本来であれば'20年5月に“團十郎襲名披露公演”を行うはずでしたが、同年に流行した新型コロナウイルスの影響で延期してから現在に至るまで再開の目処は立っていません。待望の襲名情報ですが、現在の海老蔵さんはトラブル続きで、とてもお祝いムードではありませんね」(歌舞伎関係者)

 先代・先々代と、伝統的に團十郎の襲名披露は5月に行われている。

「菊五郎さんが語ったように年内に行うとしたら“顔見世大歌舞伎”という、豪華な顔合わせが行われる11月ではないでしょうか。大きな名跡の襲名披露は3か月連続で行いますので11月を中心に、10月から12月にかけて行われるのが濃厚だと思います」(同・歌舞伎関係者)

 現実味を帯びだした襲名の気運。しかし彼は周囲に“ある計画”を語っているという。