人口増加や都市部への人口集中に伴い、戸建て住宅といえば「2階建て」が一般的になって久しいが、かつては平屋建てこそが日本の主流だった。居住空間がすべてワンフロアにあり、掃除や移動もスムーズ……そんな平屋住宅に憧れる人は年々増えており、いま「平屋回帰」ともいえる現象が起こっている。

平屋のシェア増加

平屋住宅の新築戸数は、2012年の30604戸から2020年には46334戸と約1.5倍に。すべての住宅に占める平屋住宅の割合も右肩上がりに増加し、2020年には11.2%まで上昇(国土交通省「建築着工統計調査」データ)

 国土交通省の統計データによると、居住専用住宅において1階建て(平屋)住宅が占める割合は、2012年では6・8%ほどだったが、2021年のデータでは12・4%にまで増加。この9年間で平屋のシェアは1・8倍以上に高まっている。

「平屋が増えた大きな理由は“減築”需要が高まったことにあります。子どもが巣立った後のふたり暮らしのシニア層がこれまでの住居を持て余してしまい、2階部分を撤去して平屋にリフォームするなど、いわゆる増築とは真逆のニーズが増えています。足腰も弱ってくるなかで、階段の上り下りをしないで楽に暮らせるコンパクトな平屋は、シニア世代にとっては魅力的に映るのでしょうね」

 そう教えてくれたのは、住宅評論家の櫻井幸雄さん。そもそも平屋住宅は昔から根強い人気があったという。

「昔から理想の一戸建ては平屋だといわれていました。しかし、狭い日本の都市部で住環境を整えるには、どうしても上へ上へと高くする必要があります。2階建て、3階建ての住まいは、限られた面積の土地でなんとか家を広くしようという苦渋の選択。海外でも、例えばビバリーヒルズでセレブたちが暮らす家のほとんどは鉄筋コンクリート造りの平屋で、そこに広大な地下室がついているような邸宅が、憧れの住まいのようです」(櫻井さん、以下同)

 広大な土地がない日本でも、高齢化や核家族化と平屋暮らしは親和性が高いという。

「夫婦ふたりだけの世帯や子ども1人の3人暮らしであれば、1LDKや2LDKの広さでも十分で、平屋でもそんなに広い土地は必要ありません。2階建てに比べれば建築費用も抑えられ、土地にもよりますが1500万円から2000万円ほどで建てられる場合もあります。シニア層にとっても、古い2階建て住宅をバリアフリー化するために、リフォームに1000万円ほどかかってしまうくらいなら、いっそのこと建て替えてしまおうという選択も当然出てくると思いますね」