「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

第70回 新山千春

 4月20日放送『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)内の企画「シングルママの人生相談」を見ていて、シングルマザーは今の時代のバラエティー番組にぴったりな存在なのかもしれないと思ったのでした。

 バラエティー番組と女性芸能人と言えば、少し前は“独身イジリ”が定番でした。30歳を超えた独身女性芸能人を「そんなことだから、独身なんだ」とか「オトコを見る目がない」と笑うスタイルを見たことがある人は多いでしょう。“独身イジリ”は失礼なことですが、芸能人のみなさまにとって、テレビはお仕事であり、ショーなはず。一世を風靡(ふうび)したアイドルが、こういう番組をきっかけに再ブレイクするケースが多々あったことから考えると、芸能人にとっては「おいしい」面もあったのではないでしょうか。

 しかし、ハラスメントやジェンダーに対する意識が高まった今、番組が芸能人に対して“独身イジリ”をするとネットで炎上したり、番組に苦情が殺到するかもしれません。ハラスメントだという印象を与えず、でも、ある程度面白おかしくプライベートの話ができて、視聴者の共感を得られるのはどんな人か。そう考えると、シングルマザーが最適なように思うのです。

 離婚するというのは、それなりの修羅と葛藤があったことでしょうが、腕のある人が話せば、面白い話に昇華させることができるでしょう。芸能活動をしながらの子育ては本当に大変なことだと思いますが、子育ての楽しさ、難しさというのは鉄板ネタで、多くの人の心をつかめるはず。

 それにシングルマザーは独身なわけですから、恋愛だって自由。もう結婚なんてこりごりだと言う人もいれば、再婚したい人もいるでしょう。結婚までは考えていなくても、恋人なら欲しいと言う人もいるかもしれません。いろいろな考えのシングルマザーがいるでしょうから、キャラもかぶりにくいでしょうし、番組を作る側は重宝するのではないでしょうか。

なぜ芸能人がリスクの高いマッチングアプリをするのか

 こんなことを考えながら、番組を見ていたところ、同番組に出演したタレント・新山千春が「アメリカのマッチングアプリで知り合った14歳年下の男性と交際している」と発言したのでした。

 アプリで実際に結婚した人もいるわけですから、アプリなんてヤバいというつもりはありません。しかし、アプリで知り合った男性に飲み物に睡眠薬を入れられて、乱暴されるなどトラブルが起きているのも事実です。

 特に新山はイメージ商売の芸能人なわけですから、何か起きたら大変なことになるでしょう。なぜ、芸能人がそんなリスクの高いことをするのかと不思議に思いましたが、YouTubeチャンネル『新山千春 CHIHA ROOM』で本人が語ったところによると、仕事場では仕事スイッチが入ってしまうので、相手を恋愛対象として見ることができない。友人から彼氏候補を紹介してもらったりもしたけれど、これまたピンとこない。そこで、自分を知っている人が少ないであろう海外のアプリに挑戦することにしたのだそうです。