女優の新山千春(41)が14歳年下の男性との交際を公表。2人の出会いがマッチングアプリだったことが話題を呼んだ。

「40歳を過ぎているのに、ひとまわり以上年下の男性に選ばれた新山さん。そのことに希望を感じた女性は多いようです。同時に“芸能人と出会えるかもしれない”という期待を持った男性も」(スポーツ紙記者)

 この記事を見て、早速マッチングアプリに登録しようとしたアラフォーの方々は多いかもしれない。しかし、幸せな恋愛を実現させる人がいる一方で、マッチングアプリは犯罪の温床とも言われており、芸能人と偽った詐欺は以前から存在する。そのため、芸能人とのマッチング可能性を過度に期待すると思わぬ事態に陥ることも。

ホテルに入るといきなり殴られて

 市場調査会社のMMD研究所が'21年に20〜49歳の独身男女10000人を対象に、出会いに関する統計を行った。それによると、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言のあった3月以前に恋人探しをした男女は33%。同年4月以降は21.7%だった。宣言以前は「職場や学校での出会い」が40.1%で最多。しかし、宣言後は「マッチングアプリ」が42.6%と最多となった。オンラインの出会いの需要の高まりがわかる。

 ただし、女性の場合、性被害を含めた犯罪に遭うことがあり、注意すべきではある。今年に入ってからも、京都市在住の34歳女性が東京都在住の男(34)から1億5千万円をだましとられたとして、京都府警が2月9日男を逮捕した。同様の事件が後をたたない。

 ここで1つの事例を紹介しよう。20代半ばの女性・ミサキさん(仮名)は、20代後半の男・コウジさん(仮名)と知り合った。アプリでのやりとりを経て数週間後、会うことになり、その日のうちに性的な関係となった。

「お互い、真剣交際よりは、遊びの関係でいたかったんだと思います。そのため、肉体関係を結ぶことはスムーズでした」(ミサキさん)

 数か月間、性的な行為を伴う関係が続く。そのうち、コウジさんは「本当にしたいことがある」と言ってきた。

「変わったプレイをしたいのかな?と思った程度でした。ホテルに入ると、コウジは豹変し、いきなり顔やお腹を殴られました。想定外でした。そんな暴力的な性行為をするとは思ってもみなかったんです。やめてもらおうとしたんですが、『やめ…』と最後までいう前に、全体重を乗せるかのようにお腹に乗っかってきて、声を出せませんでした」(ミサキさん)

 次第にミサキさんは抵抗する気力をなくした。

「性的関係自体は私が望んだことなので、誰かに相談することができませんでした。それに、コウジは隠し撮りをしていると言っていたので、その動画を消してもらいたいため、もう一度会いました」