みよこ先生は週刊女性や『JUNON』で連載を持っており、最後の企画は『府中の神様・みよこ先生のお悩みレスキュー345』(4月26日号で終了)だった。これまでにも『みよコトバ』(2012年~’13年)や『キセキの扉』(’10年〜’12年)などを通し週刊女性の悩める読者たちに寄り添ってきた。

読者たちに寄り添って言葉をかけていたみよこ先生

 連載のほかスペシャル企画として、歌手の加山雄三さんや世界的に有名なヒーラー(心身を癒す力)のウィリアム・レーネンさん、メイクアップアーティストのかづきれいこさんらと対談もしている。特に本誌でみよこ先生の連載を担当していたベテラン編集者A子さん、ライターのBさんはともに「加山さんとの対談が印象に残っている」と口をそろえる。

歌手の加山雄三さんと対談をした貴重な回。人々を幸せに導くにはどうしたらいいのか。熱く語り合った120分だったという

小さいころから加山さんの大ファンだったそうで、対談が実現したときは目がハートになっていました。そのときは、ああ、先生も可愛らしいところがあるんだと微笑ましかったですね」(Bさん)

 実はこの対談は、みよこ先生からの発案ではなかったという。

先生には願ったことが叶う引き寄せの力のようなものがあり、私が加山さんのレコード会社の人と話していたときにたまたま先生の話になったんですね。

 それで対談を打診したらトントン拍子に話が進み、対談が実現したんです。やっぱり先生は持っているなと思いました」(A子さん)

 連載だけでなく、みよこ先生は主婦と生活社で9冊の書籍を上梓している。内容は予言のような発言のほか、死後の世界や輪廻転生、幸運を呼び込む具体的なアクションなどみよこ先生の視点から幸せに生きるためのヒントが紹介されていて、シリーズ累計発行部数20万部を超えるベストセラーとなった。

 そんなみよこ先生と仕事を続けてきた歴代の編集者はその思い出を振り返る。

人としてどうあるべきか、そして神社の参拝方法やお墓参りの礼儀などさまざまなことを教えていただきました

 そう話すのはA子さん。そしてみよこ先生との出会いについて聞いた。2007年春だった。