「巨人軍のアノ選手は飲み方が汚くって……なんて話は、よく聞きますよ」

 東京・銀座に店を構える飲食店の店主が、そう話す人物がいる。読売ジャイアンツのキャプテン・坂本勇人だ。5月17日、『文春オンライン』で白昼堂々“彼シャツコーデ”の女性とお散歩デート姿が報じられたばかり。

球界屈指のスター選手

「まぁ、坂本選手らしいですね(笑)。独身ですし、別に悪いことをしているわけではないのですが、もう少し人目を気にしても……とは思いますけど」(スポーツ紙記者)

 坂本がデートを楽しんだとするのは4月下旬。この数日後には『右膝内側側副じん帯損傷』で、出場選手登録を抹消され、戦線を離脱した。

「打撃もさることながら、華麗な守備を見せる球界屈指の遊撃手である坂本選手も33歳。今年の開幕戦は『左内腹斜筋筋損傷』で欠場していますし、身体的にも負担の大きい2遊間を続けていくのはそろそろ限界なのかも。坂本選手の“後継”も育ってきていますし、彼自身が今後どうするのか、判断に注目が集まっています」(同・スポーツ紙記者)

 これまで坂本の歩みは、ただならぬものだった。

「ドラフトで巨人から1位指名を受け、高校卒業後の2007年にプロ入り。入団2年目には、10代でスタメンに大抜擢されました。2012年は最多安打を記録し、2016年にセ・リーグの遊撃手として初となる首位打者に。2019年には自己キャリア最多となる40本の本塁打を打ったことも。2020年には31歳10か月の若さで通算2000本安打に到達と、球界史に残る実績を打ち立てた選手です」(同・スポーツ紙記者)