夏までにやせたい! その願いとは裏腹に、お腹まわりの“浮輪“は、年々厚みを増すばかり……。そんな中高年女性にも絶大な効果を発揮するのが「glo(グロー)フィットネス」(以下、glo)、「短時間で効率よく身体を引き締める」とアメリカのエグゼクティブの間で話題となっているエクササイズだ。

 およそ1か月にわたり、gloを試した神奈川県在住の主婦、伊藤彩さん(仮名、40代)は語る。

「スキマ時間に続けていたら、身体が軽くなって、家事がはかどるようになりました。それまではインターホンが鳴っても、ソファから立ち上がるのが億劫(おっくう)だったのですが、gloを始めてからはサッと立ち上がれる。足のむくみも減って、足首に靴下の跡がつかなくなったのもうれしいですね」

0day(※文中の女性とは異なります)
30day
60day

有酸素運動と筋トレが一度にできる

 gloは、トレーナーのSayaさん(46)が考案したエクササイズ。Sayaさんは、米・シリコンバレーを拠点にGoogle、アップル、テスラなど名だたる世界最先端の企業をクライアントに持ち、指導している。

「gloはピラティスの理論をもとにしたもので、“効率よく引き締めたい”というGoogle社員からの要望を受けて生まれました。彼らは超多忙で1分、1秒もムダにしたくないという考えの持ち主。有酸素運動と筋トレが一度にできるので、忙しい人でも手軽に続けられると評判です

 gloとは、global(全世界の)とglow(輝き)の造語。スレンダーでほどよく筋肉のついたSayaさんのボディは、まさに“輝き”に満ちている。しかしそんな彼女も8年前までは、2人の子どもの育児に追われる専業主婦だった。

「37歳のころ、子育てが少し落ち着いてきたタイミングでジムに通い始めたんです。28歳で結婚したのですが、特にやりたいこともなく、なんとなく専業主婦に。日々どこか物足りなさを抱えていました。気分が落ち込むこともあったし、今思うと自己肯定感もかなり低かったですね」

 しかしジムで定期的な運動をするようになると、ある変化に気づいたという。

トレーニングを続けていくうちに、身体だけでなく、メンタルも変わっていったんです。周囲からも”前よりも明るくなった”と言われるようになりましたね。その後、トレーニング熱が高じてピラティスのインストラクター養成講座を受講し、資格を取得。子育てで忙しかった頃はまさかインストラクターになるなんて、思ってもいませんでした(笑)。かなりの遅咲きですが、”何歳でも変われる”ことを身をもって体感しましたね

 その後、主婦業をこなしながらも、トレーナーとしての活動を本格化。42歳でGoogle本社のトレーナーとなり、超多忙なビジネスパーソンを指導するようになった。

最初はピラティスを教えていたのですが、社員の方から、”もう少し負荷のかかるレッスンを受けたい”というリクエストもあったんです。そこで、大きな動きと小さな動きを組み合わせるこのgloが編み出されたんです