「おでこ?」

 額にキスをされた女性が不満げに呟いた口元に、男性が唇を重ねる。女性が離すと、男性は惜しむように唇を追いかけて、再びひとつに─。

 そんな熱いキスを交わす女性は、トリンドル玲奈。今年2月までABEMAで放送されていた『私たち結婚しました2』最終回でのひと幕だ。

「もしもあの芸能人同士が結婚したら、という“疑似結婚生活”をテーマとしたウェブ番組です。トリンドルさんと浅香航大さんが結婚したという設定でしたが、ふたりの仲はどんどん深まり、最終回では約2分間にわたる濃厚キスシーンを見せたので、“本当に付き合っているのでは……”と錯覚する人が続出するほどでした」(テレビ誌ライター)

 “本気の人妻”を演じたトリンドルだが、賢妻よろしく、ある投資のおかげで資産が爆増中なのだとか。

「昨年、とある地方ロケの撮影現場で、“私、ドル建てをしているんだけど、めっちゃイイのよ”と周囲に言っていたんです。今年は円安が進んでいますから、かなり儲かっていると思いますよ」(制作会社関係者)

 ドル建てとは、一般には株や債券などをドルで保有することを指す。つまり、トリンドルは日本円の価値が高いときに、ドル建ての金融商品を購入していた、ということ。

たった半年で100万円分が120万円に

2020年10月ごろは1ドル105円ほどで円高でしたが、最近は130円ほどになっています。ここまで円安が進むのは20年ぶりのこと。例えば2020年10月に100万円分のドル建て商品を買っていたら、現在は120万円ほどになっている計算です」(金融関係者)

 この円安は、実は生活にも大きく関係している。

「このところ、電気代や食料品などが相次いで値上がりしていますよね。これらにも円安が影響しています」(全国紙経済部記者)

 トリンドルはマイペースな雰囲気とは裏腹に、しっかり世界の経済情勢も把握してリスクヘッジを……。と思いきや、少し話が違うようだ。