「学校の先生が教え子に手を出す事件って、よく報じられていますでしょ。今度は家庭教師ですか。先生と呼ばれる人が何をやっているのか。二度と子どもに接することのないようにしてもらいたい」

 と容疑者宅近くに住む女性は憤る。

 横浜市で家庭教師派遣業を営む高橋伯明容疑者(35)が神奈川県警相模原南署に逮捕されたのは5月19日のこと。自ら出向いた同県相模原市の派遣先でマンツーマンの学習指導中、小学5年女児(10)の下半身を触るなどした強制わいせつの疑い。

生徒との信頼関係を利用して“口止め”工作も

 全国紙社会部記者の話。

「4月2日午後3時45分から4時ごろまでのあいだ、女児宅の部屋でふたりきりで勉強に集中するシチュエーションを悪用。数年前から被害女児の勉強をみており、信頼関係を築いたうえでの犯行だった。

高橋伯明容疑者が逮捕された現場は、多くの学生が通る閑静な住宅街の路上だった

 触ったあとで“きょうのことはお父さんとお母さんには言わないでね”などと口止めし、女児はかわいそうに当日は親に言い出せなかったらしい。のちのち、先生にされたことを“怖かった”などと打ち明け、母親が警察に相談したのが逮捕のきっかけ」

 取り調べに対し、

「間違いありません」

 と容疑を認めているという。

 自称・早稲田大卒の高橋容疑者が家庭教師派遣業の会社を設立したのは4年前。資本金50万円で横浜市戸塚区のタワーマンション高層階に事務所を構え、事業目的として学習塾の経営や通信販売業、コンサルティング業務も視野に入れるなど手広く展開。約2年前、同区内の雑居ビルに移転している。仕切り板で囲った机と椅子のあるブースを専有できるレンタルオフィスに切り替えた。タワマンからの落差は大きい。

 同じビルで働く女性は、

「容疑者らしき人物と階段ですれ違ったことがあるが、変な印象は持たなかった」

 と、ソフトな雰囲気をまとう家庭教師が少女を毒牙にかけた事件に驚く。

 インターネット上に公開した会社データによると、大学在学中から家庭教師や塾講師を務め、25歳のとき家庭教師に専念した。起業後、学力と指導力、コミュニケーション能力のすぐれた現役学生に絞って採用。少数精鋭の講師陣で中学、高校、大学受験に対応し、難関校・医学部コースを設け、海外留学を目指したり、不登校・発達障害の生徒もフォローできると謳う。