「新型コロナウイルス感染防止による自粛期間を経験して改めて舞台に立てる幸せを身に染みて感じています」

 片岡愛之助が主演舞台『奇人たちの晩餐会』で5年ぶりの現代劇に挑む。

「この企画はコロナ禍で延期になっていたので、公演が決まったときは“やったー!”という感じでした」

仕事直前のルーティン

 作品は『 Mr.レディ Mr.マダム』『ファーザーズ・デイ』などフランス喜劇を代表する脚本家、フランシス・ヴェベールが手がけ舞台、映画ともにフランスで大ヒットした翻訳劇。アメリカでも映画化され人気を呼んだ。

 ちょっと変わった人間を集めて晩餐会を開催し、いちばんの奇人を決めるという悪趣味な編集者が、たまたま出会った変わり者に振り回されるシチュエーションコメディー。愛之助は編集者のピエール(戸次重幸)を振り回すフランソワを演じる。

他人の家をのぞいている感じの舞台です。フランソワはまじめだけど空気が読めず気が利かない。おせっかいをすればするほど逆効果になってピエールが翻弄される。ほかの登場人物が出てくるたびにフランソワがかき回すのでややこしくなるけど、それが盛り上がりを生み、お客様は退屈しないと思います」

 戸次とは人気ドラマ『半沢直樹』ですれ違う程度の共演だった。今回がっぷり四つに組むが「化学反応が楽しみ」と言う。歌舞伎と並行してテレビや映画などの映像作品の出演も多い。忙しいスケジュールにもかかわらず仕事開始の2時間前には必ず劇場や現場近くの喫茶店でひとり過ごすのが常だ