「みなさま、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。おかげをもちまして、もう、すっかりのども回復し、元気になりました!」と開口一番。笑顔が戻った氷川にエネルギーが満ちあふれる。歌手活動、そしてステージへの思い……。

 声帯のポリープとその出血のため、コンサートツアー2公演の中止を発表したのは3月4日のことだった。コロナの影響を除けば、予定公演の取りやめは約20年ぶり。

「自分の中で違和感を感じていたので、診断には“やっぱり”という感じでした。おととしからコロナの影響でコンサートの延期・中止があった中、やっと開催できるようになり、楽しみに待っていてくださったファンのみなさまに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。また、6月からは4劇場(明治座・新歌舞伎座・博多座・御園座)を巡る公演が控えているので、それまでに治さなければという気持ちが先に立ちました」

 無理をせず、治療を優先。その決断は勇気がいったのでは?

「7年前くらいにもポリープ切除の手術をしていて。2度目だったので、すぐに決断できました。ただ、手術できる状態まで患部のコンディションをもっていくのに少し日にちがかかって。術後、復帰するまでの期間を考えると“一刻も早く歌いたい!”という気持ちでいっぱいでした」

 全身麻酔は怖かったが、過去の経験から勝手がわかっていたため、なんとか頑張れたと振り返る。

「術後はしゃべらず無理をせず、回復を待つしかなくて……もどかしかったです。たくさんの励ましの手紙やメッセージをいただき、本当にありがたかったです。みなさまに感謝し、それが早い回復の原動力になりました」

 待望のカムバックは4月22日、奈良県橿原市で。

「復帰公演はすごく待ち遠しかったです。大勢のお客様がお越しになって、“待ってたよ”と言わんばかりのすごい拍手を送ってくださって。本当にうれしく、ありがたく、感謝の気持ちでいっぱいでした」

これからは軽やかで優しい歌い方も

氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

「やっぱり何でも治していくのが大事ですね。今は“よくなった”という実感と安心感がすごくあります。万全な状態でステージに立てることがすごくうれしいし、ストレスがまったくなくて。心身、晴れ晴れしています。歌っていても、すごく抜けがいいです。歌い手はやっぱり声がよくないとね♪」

 ただ、これからは少し歌い方を変えていこうと考えている。

「手術はなるべくしたくないので。若いころはどうしても“声を出るだけ出す”みたいな、常に全力で歌っていました。年齢も重ねましたし、これからは軽やかで優しい歌い方もしていきたいですね。普段から、しゃべり方も上品に(笑)」

 歌えない時間を経験したことで歌える喜び、そして使命感はより強く。

「まさに“歌は我が命”です。自分の思いを歌うことで、みなさまに元気や勇気、明日への希望を持ってもらえたら。改めて、これからも歌でメッセージを伝えていける歌手でありたいです」