最近の冷凍餃子は、水や油を使わずに焼けるタイプのものから、大袋入りのお徳用など種類も味もさまざま。冷凍庫から出して焼くだけ、レンチンするだけ、お湯にくぐらせるだけで簡単に食べられるとあって、常備している人も多いだろう。

冷凍餃子アレンジレシピ14選

「冷凍餃子のいちばんの魅力は、手間なくおいしこと。“野菜を切ってひき肉に混ぜて皮で包む”といった、餃子作りの面倒な工程が必要なく、すぐに食卓に提供できます」

 そう教えてくれたのは、料理家で栄養士の田村つぼみさんだ。

「ストックできることも大きなメリットですね。冷凍庫に常備しておけば、忙しいときやおかずが足りないときにすぐ使えて大助かりです」

 そんな冷凍餃子、料理の具材として炒めたり、スープの具にしたり、どんぶりの具にしたりと、具材としても優秀という。

「肉の代わりになるんです。餃子の材料は、ひき肉、野菜、小麦粉なので、餃子を加えるだけでボリュームがアップして、どんな味にもアレンジOKです」

 そこで冷凍餃子をアレンジするポイントを聞いてみた。

「焼いたときに羽根ができるタイプは、あらかじめ餃子の周りに小麦粉や水、油などがついているので料理によってはとろみがつきすぎることもあります。

 お徳用として売っているようなシンプルな餃子のほうが、味も濃すぎずアレンジ向きです。なにより大容量でコスパもいいですね」

 餃子は丸ごと使うだけでなく刻んで形を変えたり、和洋中アジアンなど幅広い味つけにあわせたりと、飽きのこないアレンジが可能。

「たんぱく質と糖質をとれる餃子に野菜を組み合わせれば、栄養バランスもアップします。短時間で調理できて満足感も出せる“冷凍餃子”は、頼りになる食材です」

餃子お好み焼き

餃子お好み焼き

材料(2人分)

冷凍餃子 8個
卵 3個
桜エビ 大さじ3
キャベツ 100g
サラダ油 小さじ2

A 水 大さじ3
A だしの素 小さじ1/2
A 塩、こしょう 各少々

ソース、マヨネーズ、かつお節、青のり 各適量
紅しょうが 適宜

【作り方】

(1)キャベツは細切りにする。冷凍餃子は耐熱容器に入れてふんわりとラップし、電子レンジで1分加熱する。卵を溶きほぐしてAを混ぜ合わせて卵液を作っておく。

(2)フライパンにサラダ油を熱しキャベツをサッと炒めてしんなりしたら、卵液を流し入れて大きくかき混ぜる。餃子を並べ、桜エビを全体にふる。フタをして中火弱で約5分〜10分、卵が好みの硬さになるまで焼いて器に取り出す。

(3)ソース、マヨネーズ、かつお節、青のりを全体にかけ、紅しょうがを添える。

●ポイント●餃子の皮=小麦粉なので、ベースの生地は卵や野菜でシンプルに。桜エビの風味がアクセントになります。