「6月10日、寛仁親王妃信子さまが『ストレス性ぜんそく』の悪化により、翌日から予定していた2日間の地方公務をキャンセルされました。タイミング的に“家庭内の不和”を心配する声も上がっています」(皇室担当記者)

 6月6日、三笠宮寛仁さまの10年命日を迎え、東京都文京区の豊島岡墓地で『十年式年祭』が営まれた。

信子さまが自ら1日6食のメニューを

「雨が降る中、母の百合子さまは車イスでご出席。長女の彬子さまと次女の瑶子さまも参列されましたが、信子さまのお姿はありませんでした。妻でありながら、今なお“蚊帳の外”にいることに不安と憤りを感じられたのでは……」(同・記者)

“ヒゲの殿下”の愛称で親しまれた寛仁さま。がんなどの手術を16回経験し、66歳の若さで逝去されてから10年がたった。

「皇族らしからぬ型破りな言動が、注目を集めました。ニッポン放送の『オールナイトニッポン』や、テレビ朝日系の『徹子の部屋』にもご出演。36歳のときには、公務と社会活動の両立ができないからと“皇籍離脱”を宣言して、昭和天皇が閉口されたという話もあります」(皇室ジャーナリスト)

 麻生太郎元首相の妹・信子さまと結婚されたのは'80年のこと。まもなく、長女・彬子さまと次女・瑶子さまがお生まれになった。

寛仁さまが食道がんを手術された後には、信子さまが1日6食のメニューを自ら作られたことも。報道陣の前で抱き合うなど、当初は“おしどり夫婦”として評判でした」(宮内庁OB、以下同)

 円満生活は続かなかった。

「'04年の春、信子さまは更年期障害や胃潰瘍と診断され、軽井沢にある麻生家の別荘で静養されました。約2年後、赤坂の宮邸に戻られましたが、ひきこもりや入退院を繰り返すようになったのです」