「『蜩ノ記』( '14年)という小泉(堯史)監督の前作に続き、今回も声をかけていただきまして。小泉監督の作品にはできるだけ出たいと思っているんですが、『峠』(司馬遼太郎)という原作や脚本を読み、大変ハードルの高い、難しい役だと感じました。でも何とか、河井継之助さんの思いを、彼の口から発せられる言葉の数々を丁寧に、大事に伝えたいと思いました」

 大政奉還によって、260年余り続いた徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍(同盟軍)・西軍(新政府軍)へと分かれ、鳥羽・伏見の戦い、戊辰戦争へと突き進む。しかし長岡藩の家老・河井継之助は、どちらにも属さない“武装中立”を目指し……。

「河井継之助さん自身は、人間としては非常に軽妙で、洒脱で、世界が見えている人。サムライの時代は終わることを十分理解したうえで、新政府軍におもねることなくサムライとして生き続けた。原作の司馬遼太郎さんはサムライを通して、日本人が作った人間の芸術品みたいな人間像を彼に求めたんだと思います」

今、起きている戦争も誰もが身近に感じる

役所広司 撮影/伊藤和幸

 当初は '20年9月の公開が予定されていたが、コロナ禍の影響により3度の延期を経た。

「1年9か月延びましたけども、予定どおり上映されたときと今とでは、お客さんの感じ方はやっぱり違うと思います。本当にリアルに考えさせられる時期の公開になったと思います。

 今、遠くで起きている戦争も、誰もが身近に感じている。そして、ちゃんとリアクションをしている日本で、かつてはこんな物語があった。今後、日本をどうしていくのかを考えるきっかけになってくれるといいなと思いますね」

 失礼承知でお蔵入りの心配を尋ねてみると、

「それはなかったですね。だって、何億円もかけて作ってるんですから(笑)。僕自身、そういう経験は今までにないですね。昔、ギャラがもらえなかったことはありましたけど(笑)」