芦田愛菜が情報番組の中で「将来は医学系の道に進みたい」と語ったのは中学生になって間もなくこと。

 あれから5年、来年はいよいよ名門大学の医学部に進学が内定しているとの報道があった。目標を達成するために彼女は仕事の合間でも髪をカットしているときも勉学に勤しんでいるとも。

 報道以降、多くの媒体が知的かつ若さ溢れる彼女をさまざまな角度で特集するようになった。『週刊女性PRIME』は親の子育てに焦点を当て、礼儀の正しさや教育法について紹介している。

 彼女を育ててきたのは親だけではない、そう語るのは老舗芸能プロ幹部。

芸能事務所になる前は“幼児教室”

「芦田さんが所属している事務所は鈴木梨央さんや寺田心さん、住田萌乃さんなどほかにも活躍しているタレントが多い、“業界一”と言われている子役専門事務所。所属タレントは1000人を超えていますが、子どもを立派なタレントに育てるだけでなく、人間力も高める場所なのです」

 バラエティー番組などでも目にすることだが、年少の芸能人のなかにはスタッフやマネージャーなどに横柄な態度をとるものが少なくない。芸能事務所としても多少のワガママなどは、許容しなくはならない、ヘソを曲げられてはいけない、と。その点、芦田が所属している事務所はその歴史からして一味違う。

あの事務所は芸能事務所になる前は“幼児教室”だったんです。幼児教室と言ってもただお受験対策といったものではなく、子どもの個性を伸ばすことに重点を置いて個人レッスンをしていたようです。

 現在もタレントとしての育成はもちろん、挨拶や思いやりなど、立派な社会人に成長するための教育もしっかり行なっているんと聞きます。子どもの教育に関するノウハウを持っていたところがほかの子役芸能事務所と違うところでしょう。芦田さんがあそこまでメディア対応が上手なのもそういった面が大いに影響しているでしょう」(テレビ局プロデューサー)

 ほかにも、所属する子役の親には「自分が若いころに感銘を受けた映画や本を子どもと一緒に見る」といったこともす勧めるなどしているとも聞く。芦田親子のコミュニケーションはさらに深めたのではないだろうか。

 同事務所は定期的に所属タレントを連れて“合宿”も行なっており、私もたまたまその現場に遭遇したことがある。