値上げ続きで家計が苦しいアナタ! 実家のお父さんお母さんを扶養に入れると税金が安くなるって知ってた?別居でOK、入院中でも年33万円以上控除される。この裏ワザは知らなきゃソン!?

親を扶養に

 カップラーメン、レトルトカレー、トイレットペーパー、ガソリン、さらに外食や光熱費……相次ぐ値上げラッシュに家計が悲鳴を上げている。これ以上は切り詰められない。少しでも払うお金を減らしたい家庭も多いはず。そこで耳寄りなのが、「親を扶養に入れて納税額を減らす」テクだ。

「扶養家族というと子のイメージがありますが、扶養の対象は子だけではありません。16歳以上の親族であれば可能。当然、親はオッケーです。税制上の扶養に親を入れると、扶養者である子の所得控除の対象となり、納税額が下がります。つまり、子が支払っている所得税と住民税が節約できるのです」

 そう教えてくれたのは、タレントでファイナンシャルプランナーのあいだあいさん。 「税制上の扶養が認められる条件は、以下のとおりです。

(1)配偶者以外の親族(6親等内の血族および3親等内の姻族)

(2)納税者と生計を一にしていること

(3)年間の合計所得金額が48万円以下であること(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)

(4)青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払いを受けていないこと、または白色申告者の事業専従者でないこと」
(あいださん、以下同)

 税金が安くなるのならすぐやりたいが、むずかしそう!

「(1)をわかりやすく言うと、自分の両親・祖父母はもちろん、義父母、結婚相手の祖父母も扶養の対象になるということ。もし自分の親が所得額の問題などで扶養対象にならなくても、配偶者の親の扶養も検討できます」