《かつてプロレスとはゴールのないマラソンと言った自分ですが、ゴールすることに決めました》

 6月12日、日本プロレス界のレジェンドである武藤敬司が現役引退を発表した。

「埼玉県で行われたプロレスイベントに登場すると、来春までの引退を電撃発表しました。理由は、痛めていた股関節の状態によるドクターストップ。長らくプロレス界を盛り上げてきたスターの決断に、各所で驚きの声が上がっています」(スポーツ紙記者)

 長州力や蝶野正洋など、名だたるレスラーがねぎらいの声を寄せる中、武藤のネタでおなじみのモノマネ芸人・神奈月もツイッターで《ショックです》と率直な気持ちを述べつつ、《痛みに耐えながら我々ファンに天才武藤敬司を見せつけて下さい》と改めて敬意を表した。

棚橋弘至選手の活躍に「俺の付け人だったくせに…」

6月12日のイベント後、引退について改めてファンに報告した(武藤のツイッターより)

 故障を抱えながらも、38年にわたってリングに立ち続けた武藤。彼の決断について、親しい人物はこう語る。

「生涯現役を貫くと思ってたから驚いたけど、カッコいいプロレスができるうちに引退するのは武藤さんらしいですね。彼はとてもストイックで、試合の有無にかかわらず毎日トレーニングは欠かさない。旅行先も、トレーニングができるところを選んでいたくらい」(武藤の知人、以下同)

 身体に鞭打ちながらファンの期待に応えてきた武藤のプロレス愛は、計り知れない。

「口先で語るより“どうやったらプロレスを盛り上げられるか”を行動で見せるタイプ。長州さん、蝶野さん、藤波辰爾さんなどレジェンドと番組で一緒になった際は“あ〜やだやだ、疲れた”なんて言ってましたが、内心うれしいのがにじみ出てた(笑)。

 かつての付け人で、今や新日本プロレスのスター選手になった棚橋弘至選手の活躍には“あいつ俺の付け人だったくせに、生意気にチャラチャラしやがって”と口にしてましたが、照れ隠しの憎まれ口は彼の“得意技”ですね(笑)