手越祐也が2020年10月にオープンさせた脱毛サロン「TEGOSHI BEAUTY SALON」が、今年5月末をもって全店閉店となった。一時期は全国で7店舗を展開していたものの、経営状況は悪化の一途をたどっていたようで、結局2年ももたずに営業終了へ。

 ほどなくして、新田真剣佑がプロデュースする脱毛サロン「AmSALON」も、同じく5月末、わずか1年でサービスの提供を停止したことが明らかに。有名人による脱毛サロン経営の難しさが浮き彫りになる中、今度は、人気YouTuber・ヒカルの手掛ける脱毛サロンに、ある“異変”が生じていることがわかった。

1年後には20店舗増やすと豪語

 ヒカルは2020年12月に、オーナー兼プロデューサーとして、メンズ脱毛サロン「ReJehanne by Hikaru」の1号店となる池袋店をオープン。その後、同年12月に大阪・あべの天王寺店、翌21年2月に東京・銀座店と次々に店舗を増やし、現在までにメンズ専用サロンを7店舗、レディース専用サロンを2店舗展開している。

ヒカルは2019年、ファッションブランド『ReZARD』を創設し、初年度売り上げ25億円を達成。本人は、アパレル業界で成功をつかんだと自負しているようで、次は美容業界に殴り込みをかけたわけです。

 脱毛サロンオープンを発表したYouTube動画で、ヒカルは『美しければ美しいほど年収が上がる』という持論を語るとともに、『「女性も男性も美しくある」っていうのをテーマに、時代が進んでいくと思っている』と熱弁。これからは“脱毛”が来ると踏み、店舗改装費や機器など、トータルで3億円以上を出資したと話していました。本人いわく『人生で最も大きな買い物』だったそうです」(芸能ライター)

 ヒカルは先見の明があったのか、2021年1月更新の動画では、池袋店のオープンから20日の時点で、「このままのペースで行くと、(1カ月の売り上げは)2億近くになる」と報告。ヒカルいわく、脱毛サロンは月の売り上げが3000万円いけば「成功」とのことで、「ReJehanne」は順風満帆なスタートを切ったと言えるだろう。

「今年2月に公開された動画でも、ヒカルは脱毛サロン1店舗から自身の懐に入る額を、『MAXで月に1000万円』『平均では月に数百万』などと明かしていました。それが9店舗分となると、莫大な金額になる。1年後には、あと20店舗出店することを目標にしていると語っていたため、経営は順調そのものに見えました」(同・前)

 脱毛サロンは一般的に、春夏シーズンが繁忙期と言われるだけに、現在「ReJehanne」にもお客が殺到し、さぞ予約が取りにくい状況になっているかと思いきや、あべの天王寺店に、ある“異変”が生じているという。