首まわりから和柄の刺青をチラ見せする小川雅朝容疑者(Twitterより)
【写真】首まわりから和柄の刺青をチラ見せする小川雅朝容疑者

 代表の逮捕が報じられると、歌舞伎町の広場に同会のスタッフは集合したという。前出の知人もその現場にいた。

女性スタッフは王子様のような外見に惚れていた

「スタッフの中で、ハウルを好きな人と嫌いな人は半々。好きなのは女性が大半で、彼の王子様のような外見に惚れているんです。男性のスタッフは結構嫌っていて、“いなくなってよかった!”とお祭り騒ぎになっていた人も多かった(笑)」

 とはいえ、同会のイメージを大きく失墜させた影響は図り知れない。同会は《期待を裏切るような結果になってしまい、大変心苦しい限りです。申し訳ありません(中略)》と謝罪文を発表することに。

 ハウルこと、小川容疑者はいったいどんな人物なのか。

「複雑な家庭で育ったようで、両親から離れておじさんの家に預けられなど、転々としていたそうです。以前は介護士をしていて、このボランティア活動をする前は、歌舞伎町でホストをしていたと聞いています」(前出の知人、以下同)

容疑者の腕には和柄の刺青が入っているが、

「有名な彫り師の見習いをしていて、それが彼の収入源だったと思います」

 容疑者のボランティア活動は“うわべだけに見えた”とは、同会の元スタッフだ。