2021年度韓国映画No1の大ヒット! 『モガディシュ 脱出までの14日間』が7月1日より全国公開される。

 舞台はアフリカの一国・ソマリアの首都、モガディシュ。1991年にソマリアの内戦が激化し、反乱軍がモガディシュを制圧。命の危険にさらされた外国人たちは、生死をかけた脱出を試みる。その中には、韓国と北朝鮮の大使館員たちもいた。激しく敵対していた両者は、脱出への死闘を共にすることに……。

韓国映画『モガディシュ 脱出までの14日間』

 この作品のすごいところは、実話に基づいたストーリーであるということ。長い間、公には語れなかったこの脱出劇は、近年になってようやくその顛末が公表され、今回、映画化が実現した。

 韓国では昨年7月に公開されると観客が押し寄せ興行収入が30億円を突破。メディアや評論家から高く評価され、数々の映画賞にも輝いた。

 コロナ禍やロシアによるウクライナ侵攻という、混乱と困難が続く現在にも重なるようなテーマが描かれている今作は、まさに今この時代に見るべき映画。要チェックポイントを誌上プレビューします!