世の中には「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」だけでなく、「ヤバい男=ヤバ男(ヤバダン)」も存在する。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、芸能人や有名人の言動を鋭くぶった斬るライターの仁科友里さんが、さまざまなタイプの「ヤバ男」を分析していきます。

第24回 ひろゆき

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」の開設者で実業家のひろゆき氏が、6月19日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)にリモート出演し、仕事に遅刻したとしても「成果さえ出せればいい」「たとえば、成果をまったく出していない人が時間どおり来ても“売り上げが立っていないからいらないよね”って話になっちゃう。能力のない人ほど、遅刻しない自分がすごいって言いたがる」と発言したことが波紋を広げています。

 ひろゆき氏の発言を受けて、『Smart FLASH』は6月24日に《ひろゆき「遅刻しても成果さえ出せればいい」を論破する有吉弘行の“横綱相撲”…生き残るのは遅刻せず結果出す人》というタイトルの記事を配信。レギュラー番組を多数抱える売れっ子・有吉弘行が決して遅刻せず、1時間前に現場入りすることもざらだと書かれていました。

職種の違うひろゆきと有吉弘行は単純に比較できない

 確かに遅刻はしないほうがいいと思いますが、ひろゆき氏はテレビを主戦場とするタレントではありませんから、有吉と単純に比較することはできないように思うのです。彼は日本有数のインフルエンサーであり、著述家としても成功し、実業家でもあります。「今のひろゆき氏なら」遅刻をしても許されるのではないでしょうか。

『Smart FLASH』の記事を受けて、ひろゆき氏は《有吉さんがタレントとして凄い人だとしても、誰かの機嫌を伺って自分の人生の時間を切り売りして、時給で働いてる人という枠の中なんですよね。それが好きな人は成果より時間厳守でいいと思います(後略、原文ママ)》とツイートしています。

 さすが日本を代表するインフルエンサー。いつも発言の中に無能とか成果とか無駄とかお金という、ネット民が食いつく言葉を随所にちりばめています。意見をいう時に大物の名前を挙げてその人を下げるのも、“ネットしぐさ”と言えるのではないでしょうか。遅刻のよしあしについては、おのおのの会社や職種で判断することですが、私が見逃せないと思ったのが、彼の言う極端な二択なのでした。