「辞めないっすよ~! だって俺、特捜のみんな大好きっすもん!」

 6月22日に放送された、テレビ朝日系ドラマ『特捜9 season5』の最終回。特捜班の一員である山田裕貴が放った言葉は、紛れもない“本心”だった─。

「井ノ原快彦さん演じる警視庁捜査一課特別捜査班、通称“特捜班”の主任・浅輪直樹をリーダーに、個性派メンバーがぶつかり合いながら事件解決に臨む人気シリーズで、最終回は平均世帯視聴率10・2%を記録しました。season5では、山田さん演じる若手刑事・新藤亮の“卒業”が噂されていましたが、チームに残ることとなり、安堵したファンは多いですね」(テレビ誌ライター)

いい意味でファンを裏切ることに成功したが……

公式サイトより、下段の右から2番目が山田

 視聴者が不安を抱いたのも無理はない。山田は特捜班を一時“離脱”していたからだ。

season5で新藤はカジノバーに潜入捜査をしていたんですが、生活安全課の闇カジノ摘発で捕まり、取り調べのため第3話時点で謹慎処分を受け、第4話以降はほとんど登場していなかったんです。ネット上では《山田くんレギュラー降板かな?》《新藤くん、特捜班にずっといてくれるよね……》などと心配の声が多く寄せられていました」(同・テレビ誌ライター)

 山田の“卒業説”が流れた理由は、これだけではない。

「予告で“笑顔で送り出してやることが、本当の仲間だって思ってるからさ”という浅輪のセリフが流れていたんです。最終回でも新藤は、かつて刑事だった亡き父の相棒を務めた上司から、異動をすすめられていて……。しばらくチームを離れていたこともあり、送り出されるのは新藤だ、と思わされましたね」(同・テレビ誌ライター)