俳優の松下洸平(35)が絶好調だ。出演したフジテレビ系木曜劇場『やんごとなき一族』が好評を博し、6月30日放送の最終回でも注目の的に。

土屋太鳳さん(27)が主演する『やんごとなき一族』は、庶民の家庭から上流社会の一族へ嫁いだ主人公・佐都が、理不尽な一族のしきたりや複雑な人間関係に翻弄されながらも立ち向かい奮闘する、“アフター・シンデレラ・ストーリー”です」(女性誌記者)

大人気の松下洸平

『やんごとなき一族』で、松下は、土屋の相手役で、夫で御曹司の深山健太を熱演した。

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

6月23日に放送された第10話では、松下さん演じる健太が記憶喪失になり、夫婦の絆が崩壊してしまう予想外の展開を迎えました。その回の松下さん演じる健太の豹変っぷりが大きな話題に。SNS上でも、“健太が健太じゃないように見える!松下さんすごすぎ!”、“演技力はんぱないです!”といった声が寄せられています。松下さんの演技から目が離せませんね」(前同)

 松下洸平の活躍はドラマだけにとどまらない。7月13日放送予定の音楽特番『2022FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)には、アーティストとして出演する。

「俳優として大人気の松下さんですが、かつては曲に合わせて絵を描きながら歌う、ペインティング・シンガーソングライターの“洸平”として活動していました。16年7月には音楽活動を本格的に再開し、21年には初のライブツアー『KOUHEI MATSUSHITA LIVE TOUR 2021 HEART to HEART』を開催。同年8月にシングル『つよがり』をリリースしました。

 シンガーソングライターとしてのファンも多く、出演決定の際、SNSには、“ついに、FNS歌謡祭!楽しみすぎる”、“テレビで洸平さんの歌を聴けるのがとても嬉しい”、といった喜びの声が多数寄せられました」(前出の女性誌記者)