globe・KEIKOが7月3日、Twitterで同ユニットメンバーであるマーク・パンサーとのツーショットを公開して、一緒にビールを飲んだと報告。マークも同じ写真をTwitterに投稿し、ネット上のglobeファンを喜ばせた。

 KEIKOは、2002年11月にglobeメンバーで音楽プロデューサーの小室哲哉と結婚。しかし、彼女が2011年10月にくも膜下出血で倒れたことで、ユニットは活動休止状態に。そのため、今回のようなKEIKO&マークの交流は、globeファンにとっても嬉しいことなのだ。

「引退したんじゃなかったの?」

「globe復活を待ち望んでいるファンもいますが、現状、なかなか難しい様子。KEIKOさんの体調が心配なのもあるけれど、彼女と小室さんがすでに離婚している点もネックです。KEIKOさんの闘病が始まってから、ずっと“献身的に妻を支える夫”のように思われていた小室さんは、2018年1月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で看護師・A子さんとの不倫疑惑を報じられ、以降は世間を困惑させる展開を繰り広げています」(スポーツ紙記者)

 小室は『文春』報道を受けて会見を開くと、KEIKOの介護に対する疲れから“精神的な支えが必要だった”ためA子さんに依存していたと説明しつつ、“男女の関係”は否定。つまり、不倫はしていないということだったが、騒動のケジメをつける意味で、音楽活動の引退を表明した。

 しかしその後、『文春』は2019年10月にも、KEIKOと離婚調停中の小室がA子さんやその家族を自宅に泊めていたと報道。さらに、同月発売の『女性セブン』(小学館)は、小室が言うほどKEIKOの状態は悪くなかったことや、小室がKEIKOの実家などから借金しているが返済されていないといったことを伝えた。

 引退までした小室に対し、当初は同情していたネットユーザーの間でも、徐々に呆れ声が増加。その引退宣言自体も、いつの間にか“なかったこと”のようになっていったから、なおさらだ。

 というのも、2020年7月には小室が作曲を手がけた乃木坂46のシングル『Route 246』が配信リリースされ、同年12月になると宇都宮隆、木根尚登との音楽ユニット・TM NETWORKとしてラジオ番組『TM NETWORK SF Rock Station 2020』(東海ラジオ)に出演するなどしていたから。ネット上でもその都度、「引退したんじゃなかったの?」という指摘が相次いだ。