「ここ日本」にわかに信じられない出来事を表したツイートがトレンド入りした。

 7月8日午前11時半ごろ、奈良県内の大和西大寺駅付近で参議院議員選挙の応援演説を行っていた安倍晋三元首相が、銃を持った男に背後から襲撃された。

 殺人未遂容疑で現行犯逮捕されたのは同県在住の40代・山上徹也容疑者。犯行に使用した凶器は散弾銃のようなもので、2発撃たれて首元や胸付近には血が付着していたという安倍元首相。

 駆けつけた救急隊員が引き継ぎ、心肺蘇生措置を施されながら救急車で運ばれてドクターヘリで病院に搬送。現在は集中治療室で治療を受けている。

 参院選が迫る中での、突然起きた元首相への銃撃事件に、ネット上では冒頭のような「ここは本当に日本なのか」との驚きの声が溢れかえったわけだ。

 事件を受けて急きょ、首相官邸で記者会見を開いた岸田文雄首相は「現在、深刻な状況であると聞いている。一命をとりとめることを心から祈る」と容体を明かし、無事を祈った。

応援コメントの一方、中国語では…

 同じくして一報が伝わった後、安倍元首相の公式インスタグラムには無事を祈るコメントが続々と寄せられている。直近となる2月の投稿には、宮崎県の完熟きんかんを手に満面の笑顔を浮かべた同氏の姿が。

安倍元総理がどうか助かりますように。心から祈っています。また元気なお姿を見せてくださることを待っています
《どうか、どうか助かってください。祈ることしかできない》
《安倍さん。どうかご無事でありますように。頑張ってください》

 事件は世界各国でも速報で流れたこともあってか、中には外国人からだろう、英語をはじめ様々な言語で綴られた応援メッセージも届いている。一方でーー、

《在哪办席 我准备好了》(どこでパーティーする?準備はできてるよ)
《好死!开香槟咯》(死んでよし!シャンパンを開けよう)
《恭喜拎包入住靖国神社》(靖国神社に入居するんですね、おめでとうございます)
《笑死了 中国14亿人民都在喝彩》(大笑い 中国の14億人が拍手喝采しています)

 残念なことに、安倍元首相が倒れたことを祝福するかのような、中国語による心無いコメントも多数見受けられた。