秋篠宮家の長女・眞子さんの結婚で独身の女性皇族は5人になった。今と未来の皇室をお支えになる一員でありながら彼女たちも一般人と結婚されれば皇族の身分を離れることに……。揺れるお立場にあるプリンセスたちの華麗なるプロフィール【未婚女性皇族ワイド・佳子さま編】。

 今年4月以降、佳子さまの“公務ラッシュ”が続いている。5月に『みどりの感謝祭』、6月は『産経児童出版文化賞』贈賞式と『障害者ダンス大会ドレミファダンスコンサート』、さらに『日本乳癌学会創立30周年記念式典』に出席された。7月12日からは1泊2日で北海道を訪れて、『全国都市緑化祭』に参加予定だが、これは姉の小室眞子さんから引き継がれた公務のひとつ。

佳子さまも一緒に「決めポーズ」!

「ほかにもお姉さまから『日本テニス協会』と『日本工芸会』の総裁職も受け継ぐなど、内親王として日々お仕事に邁進されている印象です」(宮内庁関係者)

 公務で“佳子さまらしさ”があふれ出た場面もあった。

「ドレミファダンスコンサートでは、満面の笑みで手拍子をしておられ、心から楽しそうなご様子でした。参加グループが会場を盛り上げるために“みんなでポーズをとりましょう!”とステージから声をかけた際、佳子さまも一緒に“決めポーズ”をとられていました。ダンスの曲が変わると、手拍子もそれに合わせてすぐに変えて、持ち前のリズム感を見せていましたね」(イベント参加者の保護者)

 佳子さまといえば、小学生のころはフィギュアスケートをたしなみ、高校からはダンスに熱心に取り組まれてきた。

「高校の文化祭でセクシーなダンスを披露されました。大学では、警備上の問題から学内のダンスサークルへの入会は断念されましたが、かわりに民間のダンススクールに極秘で入会。発表会も参加されました」(秋篠宮家関係者)